学校法人 産業能率大学 総合研究所

【参加無料】「仕事センス」を磨き主体性を発揮する【受付終了】


〜iPadを活用した新感覚新入社員トレーニング!〜

“一通り新入社員研修はやっているが、本当に役立っているか分からない” “配属先から研修で何を教えているのか、との声があがった“ ”何とかしたいが、何をどうすればよいか分からない“…新入社員研修の企画・実施に関わるご担当者の多くがこうした悩みを抱えています。「素直だが指示待ち」「希望はしっかり主張」「結果が出なかったときは他責」 こうした傾向を持つ新入社員に知識やスキルを教えても、仕事で成果を出せるとは限りません。そこには、育成上の工夫が求められます。
本フォーラムでは、昨今の新入社員の特徴と課題を明らかにするとともに、“今どきの新入社員”を効果的に育成するポイントとして、本学が着目した「仕事センス」についてご紹介し、それらを磨き主体性を発揮するための演習を一部ご体験いただきます。これまでの新入社員育成のあり方にお悩みの方は、ぜひご参加ください。



実施日 【受付終了】2018年10月25日(木)
時間 13:30〜16:30(受付開始 13:00)
会場 梅田スカイビル タワーウエスト36F スペース36R
大阪市北区大淀中1-1-88
http://www.skybldg.co.jp/access/walk.html
対象者 人事・人材育成部門の責任者・ご担当者の方
参加費 無料
料金
定員 30名(1社2名様まで・先着順)定員になり次第締め切らせていただきます。
スピーカー1 学校法人産業能率大学 総合研究所 西日本事業部 関西普及事業1課 遠藤 勉仁

スピーカー2 学校法人産業能率大学 総合研究所 Beyondナビゲーター 泉 仁史
スピーカー3
スピーカー4
プログラム 【第1部】 今あらためて、“新入社員育成の常識”を問い直す
 ・近年の新入社員の傾向と、新入社員育成における課題
 ・今どきの新入社員を効果的に育成するポイントとは

【第2部】 “職場のリアル”を疑似体験しながら仕事センスを磨く「新入社員研修Beyond」のご紹介
 ・新入社員研修Beyondの特長
 ・研修プログラム紹介
関連情報

お申込み方法
【WEB申込】 申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申込み確認後、ご参加いただける場合は改めて受講票をお送りします。

法人対象のセミナーのため、個人の方および同業他社様のお申込みは
お断りさせていただく場合がございます。

本学の「本サイトにおける個人情報の管理等について」をご確認いただき、
同意のうえでお申込みください。
「本サイトにおける個人情報の管理等について」

※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。

============================================================

お問い合わせ先(イベント担当)
学校法人産業能率大学 総合研究所
西日本事業部(担当:遠藤勉仁)
〒530-0003 大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル14階
TEL:06-6347-0321 FAX:06-6347-0328
WEBからのお問い合わせは下記からどうぞ
(お問い合わせの際は、イベント名の入力をお願いします。)
WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ

イベント一覧表に戻る

申込みフォーム

】は必須入力

必要事項をご入力の上、「確認ページに進む」ボタンを押してください。
勤務先の住所・電話番号(自宅不可)を入力していただくようお願いします。

会社・団体名
お名前 姓: 名:
所属
役職
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
全角で入力してください
ビル・マンション名
TEL - -
FAX - -
メールアドレス
※携帯メールは不可

(確認用)
申込経路
(本イベントは何でお知りになりましたか?)
産能大のHPを見て
本学アドバイザーよりのご案内(面会時での)
本学アドバイザーよりのご案内(メールによる)
産能大よりのメールマガジン
産能大よりのDM(FAX・郵便等)を見て
人事ポータルサイト(HRプロ)のHPを見て
人事ポータルサイト(日本の人事部)のHPを見て
人事ポータルサイト(ヒューマンキャピタル)のHPを見て
その他:
個人情報の管理等について 同意する
※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。
備考

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。