MANIFESTO SWITCH ON!

吉村洋文

マニフェスト種別 市長マニフェスト
対象の都道府県 大阪府
対象の自治体 大阪市
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 5 労働 10
社会資本整備 5 環境・エネルギー 5
教育・子育て 10 行政・議会改革 35
農林漁業 0 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 以前は東の東京と西の大阪、この二つの大都市が日本をけん引してきた。しかし近年、東京の一極集中が加速し、大阪があらゆる面で東京と比較しても歴然とした差が出てきた。低迷する大阪を改革して、もう一度東京と並ぶ日本の二つ目のエンジンとして、日本の経済、教育、文化などを引っ張っていきたいと考えたため。
地域のありたい姿 将来の高齢者世代をお支えする子供達を、安心して生み育てる事が出来る心温まる街にしたい。これからの急速な少子高齢化と人口減少社会を考えると、今の世代でこれ以上安易に増税や借金に頼るのではなく、大阪の改革を継続し、大阪の都市としての成長により新たな財源を生み出し、市民サービスの向上と充実を実現させる。
解決したい課題 大阪の成長を阻害している要因は色々とある。まず、大阪市は住民サービスを中心に行う基礎自治体としては大きく、広域行政を担うには小さい。このため、大阪府と大阪市は長年に渡り、二重行政による税金の無駄遣いが続き、両議会も財源と権限を巡る住民不在の不毛な争いが続いてきた経緯もあるので、まずここを解決したい。
政治家を志した理由 以前は東の東京と西の大阪、この二つの大都市が日本をけん引してきた。しかし近年、東京の一極集中が加速し、大阪があらゆる面で東京と比較しても歴然とした差が出てきた。低迷する大阪を改革して、もう一度東京と並ぶ日本の二つ目のエンジンとして、日本の経済、教育、文化などを引っ張っていきたいと考えたため。
日本のめざすべき将来像 将来の高齢者世代をお支えする子供達を、安心して生み育てる事が出来る心温まる街にしたい。これからの急速な少子高齢化と人口減少社会を考えると、今の世代でこれ以上安易に増税や借金に頼るのではなく、大阪の改革を継続し、大阪の都市としての成長により新たな財源を生み出し、市民サービスの向上と充実を実現させる。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 大阪の成長を阻害している要因は色々とある。まず、大阪市は住民サービスを中心に行う基礎自治体としては大きく、広域行政を担うには小さい。このため、大阪府と大阪市は長年に渡り、二重行政による税金の無駄遣いが続き、両議会も財源と権限を巡る住民不在の不毛な争いが続いてきた経緯もあるので、まずここを解決したい。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • - 22.企業誘致
  • - 33.防災対策
大阪に中央官庁の移転や国の出先機関の移管等により首都機能の一部を持たせる事で、現在東京に一極集中している問題を是正する事が出来る。また、大阪を副首都化することにより、東京の一極集中の場合に地震等の大災害時に国家機能の全てがストップし、復旧が困難になるリスクを、一定程度リスク分散を図る事が出来る。
解決するための重要政策(2)
  • - 15.少子化対策
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
大阪の未来を担う次世代への教育は、大阪の礎である。まずは、教育改革を含めた現役世代への重点投資を引き続き行い、更なる充実と拡充を目指していく。これまでも塾代助成事業等を通じて、子供達に教育を受ける機会を平等に持たせる事などで、大阪全体の学力向上に取り組んできた流れを継承・強化して展開していく。
解決するための重要政策(3)
  • - 15.少子化対策
  • - 21.財政再建
  • -
これからの少子高齢化や人口減少などの自治体の抱える問題を考えると、これまでの借金や増税だけに頼るやり方ではなく、成長と改革で新たなお金を生み出さなければ、必ず財政的に行き詰る事となる。その意味でも、大阪の副首都化は必須で、大阪と東京の二つのエンジンにする事で、日本経済を引っ張って行く必要がある。
解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • - 22.企業誘致
  • - 33.防災対策
大阪に中央官庁の移転や国の出先機関の移管等により首都機能の一部を持たせる事で、現在東京に一極集中している問題を是正する事が出来る。また、大阪を副首都化することにより、東京の一極集中の場合に地震等の大災害時に国家機能の全てがストップし、復旧が困難になるリスクを、一定程度リスク分散を図る事が出来る。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 15.少子化対策
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
大阪の未来を担う次世代への教育は、大阪の礎である。まずは、教育改革を含めた現役世代への重点投資を引き続き行い、更なる充実と拡充を目指していく。これまでも塾代助成事業等を通じて、子供達に教育を受ける機会を平等に持たせる事などで、大阪全体の学力向上に取り組んできた流れを継承・強化して展開していく。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 15.少子化対策
  • - 21.財政再建
  • -
これからの少子高齢化や人口減少などの自治体の抱える問題を考えると、これまでの借金や増税だけに頼るやり方ではなく、成長と改革で新たなお金を生み出さなければ、必ず財政的に行き詰る事となる。その意味でも、大阪の副首都化は必須で、大阪と東京の二つのエンジンにする事で、日本経済を引っ張って行く必要がある。
期限
数値目標
予算
財源