基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 5 税財政・財政再建 20
産業政策 10 労働 5
社会資本整備 5 環境・エネルギー 5
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 20

基本的な考え

政治家を志した理由 現在の香取市議会には議員22名中、20代30代はおろか、40代以下の議員はひとりもいません。本当に若い世代の声が行政に届いているのか、不安を感じました。子育て世代・働き盛り世代の代弁者として、先輩世代の後継者として、みなさんの声を香取市議会に、そして、行政に届けたいと思い、政治の道を志しました。
地域のありたい姿 笑顔を守れる安心・安全なまち
私は、香取市を笑顔であふれるまちにしたいと思います。人が笑顔になるためには、安心して生活できる環境がなければなりません。安心できるためには、まちの安全が確保される必要があります。こどもたちや若い世代、先輩世代のみなさんの笑顔を守るために、安心・安全なまちをつくります。
解決したい課題 安心・安全なまちをつくりたい
いくら観光や企業誘致に力を入れたとしても、安心・安全なまちづくりができていなければ、人は集まりません。また、安全なまちでなければ香取市に住みたいという方も増えないと考えます。自然災害に対して強く、被害を受けても迅速に復旧できるまちにするための仕組みづくりに尽力します。
政治家を志した理由 現在の香取市議会には議員22名中、20代30代はおろか、40代以下の議員はひとりもいません。本当に若い世代の声が行政に届いているのか、不安を感じました。子育て世代・働き盛り世代の代弁者として、先輩世代の後継者として、みなさんの声を香取市議会に、そして、行政に届けたいと思い、政治の道を志しました。
日本のめざすべき将来像 笑顔を守れる安心・安全なまち
私は、香取市を笑顔であふれるまちにしたいと思います。人が笑顔になるためには、安心して生活できる環境がなければなりません。安心できるためには、まちの安全が確保される必要があります。こどもたちや若い世代、先輩世代のみなさんの笑顔を守るために、安心・安全なまちをつくります。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 安心・安全なまちをつくりたい
いくら観光や企業誘致に力を入れたとしても、安心・安全なまちづくりができていなければ、人は集まりません。また、安全なまちでなければ香取市に住みたいという方も増えないと考えます。自然災害に対して強く、被害を受けても迅速に復旧できるまちにするための仕組みづくりに尽力します。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 33.防災対策
  • - 26.再生可能エネルギー導入
  • - 7.道路網整備
香取市も将来起こり得る災害に備え、防災・減災・耐災のための仕組みづくりを強化しなければなりません。公共施設や避難所での再生可能エネルギー等を利用した自家発電装置の整備や仕組みづくり、災害からの迅速な復旧のためのインフラ・ライフラインの確保など、市民の命を守る災害対策の強化に尽力します。
解決するための重要政策(2)
  • - 21.財政再建
  • - 30.行政改革
  • - 31.議会改革
香取市の借金は約652億円。今年度予算の約612億円よりも多く、毎年利子だけで約3億円支払っています。国が7割返済負担する合併特例債は2030年度までで、その後は財政がさらに逼迫すると予想されます。今後の財政のために優先度の低い公共事業などは見直し、市民の命を守るための事業に集中できるようにします。
解決するための重要政策(3)
  • - 32.情報公開・広報広聴
  • - 33.防災対策
  • - 41.観光振興
情報公開はもとより、情報の積極的な広報をしていく必要があります。7月の西日本豪雨ではハザードマップの周知不足で避難が遅れてしまったということがありました。香取市で同じ事を起こさないために広報を積極的に行います。また香取市のことをもっと多くの人に知ってもらうためにも、一貫性のある広報戦略も進めます。
解決するための重要政策(1)
  • - 33.防災対策
  • - 26.再生可能エネルギー導入
  • - 7.道路網整備
香取市も将来起こり得る災害に備え、防災・減災・耐災のための仕組みづくりを強化しなければなりません。公共施設や避難所での再生可能エネルギー等を利用した自家発電装置の整備や仕組みづくり、災害からの迅速な復旧のためのインフラ・ライフラインの確保など、市民の命を守る災害対策の強化に尽力します。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 21.財政再建
  • - 30.行政改革
  • - 31.議会改革
香取市の借金は約652億円。今年度予算の約612億円よりも多く、毎年利子だけで約3億円支払っています。国が7割返済負担する合併特例債は2030年度までで、その後は財政がさらに逼迫すると予想されます。今後の財政のために優先度の低い公共事業などは見直し、市民の命を守るための事業に集中できるようにします。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 32.情報公開・広報広聴
  • - 33.防災対策
  • - 41.観光振興
情報公開はもとより、情報の積極的な広報をしていく必要があります。7月の西日本豪雨ではハザードマップの周知不足で避難が遅れてしまったということがありました。香取市で同じ事を起こさないために広報を積極的に行います。また香取市のことをもっと多くの人に知ってもらうためにも、一貫性のある広報戦略も進めます。
期限
数値目標
予算
財源