基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 30 税財政・財政再建 2
産業政策 3 労働 3
社会資本整備 2 環境・エネルギー 5
教育・子育て 40 行政・議会改革 2
農林漁業 3 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 海老名に住み子供を育てている中で、教育の問題、介護の問題、医療の問題等。まさに、私達の世代が直面している問題が山積みなのに、リアルに子育てをしている人が1人も議会にいないことに驚きました。ママのリアルな声をあげていきたい、聞いてもらいたい。そして、実現したい。それが志した理由です。
地域のありたい姿 この街なら子供を育てていける!だから海老名に住みたい!この街なら年をとっても住み続けたい!だから海老名に住みたい!そう思えるまちづくり、地域づくりを目指していきたい。安心して子供を産み育てられる、安心して住み続けられる海老名を目指してまいります。
解決したい課題 海老名に住み子供を育てている中で、子供にはまだまだ補助や見守りが必要だと感じました。補助教員や少人数学級の実現、その為にも教員増加、雑務の解消等教育の改革が必要です。また、育児と介護のダブルケア、老老介護等介護サービスの充実も必要です。医療の問題も海老名市では専門医のいる病院の拡充が急務です。
政治家を志した理由 海老名に住み子供を育てている中で、教育の問題、介護の問題、医療の問題等。まさに、私達の世代が直面している問題が山積みなのに、リアルに子育てをしている人が1人も議会にいないことに驚きました。ママのリアルな声をあげていきたい、聞いてもらいたい。そして、実現したい。それが志した理由です。
日本のめざすべき将来像 この街なら子供を育てていける!だから海老名に住みたい!この街なら年をとっても住み続けたい!だから海老名に住みたい!そう思えるまちづくり、地域づくりを目指していきたい。安心して子供を産み育てられる、安心して住み続けられる海老名を目指してまいります。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 海老名に住み子供を育てている中で、子供にはまだまだ補助や見守りが必要だと感じました。補助教員や少人数学級の実現、その為にも教員増加、雑務の解消等教育の改革が必要です。また、育児と介護のダブルケア、老老介護等介護サービスの充実も必要です。医療の問題も海老名市では専門医のいる病院の拡充が急務です。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
まずは、保育園の待機児童解消。そして、子供たちが安心して教育を受けられる仕組み作りに取り組みます。子供にはまだまだ補助や見守りが必要です。教員がもっと子ども達の心に寄り添い、しっかりと心の教育ができるためにも、教員の雑務の解消・教員の増加。そして、補助教員や少人数学級等の実現に取り組んで参ります。
解決するための重要政策(2)
  • -
  • -
  • -
独居老人の地域ぐるみでの見守り。在宅ケアでの老老介護等の負担解消。特養老人ホームの待機問題の改善。介護施設の整備・職員の環境改善。また、私達の世代は、育児と介護のダブルケアに苦しむケースも出てきています。誰もが安心して利用できる介護サービスの充実に全力で取り組みます。
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
海老名市・県央には、二四時間体制で専門医がいる拠点病院がありません。命を守る医療が不足しています。夜や休日、専門の意思やCT・MRIを必要とする怪我や病気になったらどうしますか?高齢化に伴う癌、心疾患、脳血管疾患の増加率も県央が最も大きいです。二四時間体制で専門医のいる拠点病院の推進をしていきます。
解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
まずは、保育園の待機児童解消。そして、子供たちが安心して教育を受けられる仕組み作りに取り組みます。子供にはまだまだ補助や見守りが必要です。教員がもっと子ども達の心に寄り添い、しっかりと心の教育ができるためにも、教員の雑務の解消・教員の増加。そして、補助教員や少人数学級等の実現に取り組んで参ります。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • -
  • -
  • -
独居老人の地域ぐるみでの見守り。在宅ケアでの老老介護等の負担解消。特養老人ホームの待機問題の改善。介護施設の整備・職員の環境改善。また、私達の世代は、育児と介護のダブルケアに苦しむケースも出てきています。誰もが安心して利用できる介護サービスの充実に全力で取り組みます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
海老名市・県央には、二四時間体制で専門医がいる拠点病院がありません。命を守る医療が不足しています。夜や休日、専門の意思やCT・MRIを必要とする怪我や病気になったらどうしますか?高齢化に伴う癌、心疾患、脳血管疾患の増加率も県央が最も大きいです。二四時間体制で専門医のいる拠点病院の推進をしていきます。
期限
数値目標
予算
財源