基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル 原田まさやの政策提言.pdf [ 2.2MiB ]
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 20 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 5
社会資本整備 5 環境・エネルギー 5
教育・子育て 20 行政・議会改革 15
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 5

基本的な考え

政治家を志した理由 かしま志民党は、パイオニア精神を持ちながら、市民ニーズを先取りし、もっと豊かな鹿嶋を実現するための、鹿嶋の、鹿嶋による、鹿嶋のための地域政党です。本党は地域の利益を追求するために、健全な二元代表制、鹿嶋市を本拠地とする政党、市民が主役のまちづくり、本物の政治家の輩出を目的として設立されました。
地域のありたい姿 私たちは「住んでよかったと実感できる鹿嶋市」を思い描いています。住民福祉を他の自治体以上にし、市民満足度が上がり、そして住む人や観光客を増やしていきたい…。財政の健全化を図りながらムダな予算は見直し、予算配分の優先順位を変える事で生み出した予算を、子育て、教育、医療、介護、福祉に振り向けていきます。
解決したい課題 地方分権改革が進む中で、市議会は市政の監視だけではなく、生活者起点の条例を定めたり、議会の意見を取り入れた行政提案による条例を定めることになります。本当に必要な政策を、効率的に実行させていくことこそ議会の役割と捉え、将来の鹿嶋のための政治を実現していかなければなりません。
政治家を志した理由 かしま志民党は、パイオニア精神を持ちながら、市民ニーズを先取りし、もっと豊かな鹿嶋を実現するための、鹿嶋の、鹿嶋による、鹿嶋のための地域政党です。本党は地域の利益を追求するために、健全な二元代表制、鹿嶋市を本拠地とする政党、市民が主役のまちづくり、本物の政治家の輩出を目的として設立されました。
日本のめざすべき将来像 私たちは「住んでよかったと実感できる鹿嶋市」を思い描いています。住民福祉を他の自治体以上にし、市民満足度が上がり、そして住む人や観光客を増やしていきたい…。財政の健全化を図りながらムダな予算は見直し、予算配分の優先順位を変える事で生み出した予算を、子育て、教育、医療、介護、福祉に振り向けていきます。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 地方分権改革が進む中で、市議会は市政の監視だけではなく、生活者起点の条例を定めたり、議会の意見を取り入れた行政提案による条例を定めることになります。本当に必要な政策を、効率的に実行させていくことこそ議会の役割と捉え、将来の鹿嶋のための政治を実現していかなければなりません。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 1.医療政策
  • - 16子育て支援
  • - 50.地方分権
鹿嶋には、鹿嶋ブランドを創ってきた元気で粋なシニアの方がたくさんいらっしゃいます。その知恵や経験を地域のために活かしてもらう街づくりを推進したいと考えます。そのためにも、医療や福祉がどこよりも充実し、誰もが安心して住めるまちを実現していくのが我々の使命です。
解決するための重要政策(2)
  • - 47.女性政策
  • - 45.市民参画・協働
  • - 38.地域コミュニティづくり
小さな工夫を重ねることによって住民福祉を大胆に改善したり、また市民一人ひとりのニーズに応じた地域生活を実現させるために、女性の目線は欠かせません。政策づくりの段階から、さまざまな立場にある女性の価値観を取り入れた「住み心地のよいまちづくり」を追求します。
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
  • - 50.地方分権
少子高齢社会において、子どもたちを地域全体で育てることが求められています。素晴らしい自然環境をベースに、みんなで子どもを見守り、育むまちでありたいと考えます。どこよりも安心して、低コストで充実した子育て環境を享受できる子育て日本一のまちになり、鹿嶋に住みたいファミリーを増やしていきます。
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト原田 雅也さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)
解決するための重要政策(1)
  • - 1.医療政策
  • - 16子育て支援
  • - 50.地方分権
鹿嶋には、鹿嶋ブランドを創ってきた元気で粋なシニアの方がたくさんいらっしゃいます。その知恵や経験を地域のために活かしてもらう街づくりを推進したいと考えます。そのためにも、医療や福祉がどこよりも充実し、誰もが安心して住めるまちを実現していくのが我々の使命です。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 47.女性政策
  • - 45.市民参画・協働
  • - 38.地域コミュニティづくり
小さな工夫を重ねることによって住民福祉を大胆に改善したり、また市民一人ひとりのニーズに応じた地域生活を実現させるために、女性の目線は欠かせません。政策づくりの段階から、さまざまな立場にある女性の価値観を取り入れた「住み心地のよいまちづくり」を追求します。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
  • - 50.地方分権
少子高齢社会において、子どもたちを地域全体で育てることが求められています。素晴らしい自然環境をベースに、みんなで子どもを見守り、育むまちでありたいと考えます。どこよりも安心して、低コストで充実した子育て環境を享受できる子育て日本一のまちになり、鹿嶋に住みたいファミリーを増やしていきます。
期限
数値目標
予算
財源
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト原田 雅也さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)