基本データ

マニフェスト種別 都道府県知事マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 5 税財政・財政再建 5
産業政策 20 労働 5
社会資本整備 5 環境・エネルギー 20
教育・子育て 20 行政・議会改革 5
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 県立高校勤務時代に大規模な入試・試験不正に遭遇したこと。合格確約や入試データの書き換えが分かるテープを県に提出しても県や司法・マスコミは無視。
教育は社会の礎。それがおかしくなっていて、背景には日本社会全体を大規模に操作し、世界の核廃棄物処分場とする西欧軍産複合体の意図があるように思えること。
地域のありたい姿 自立した社会
国に頼ることなく、他地域を犠牲にすることなく、なるべく自立した社会を作る。
現実的に、これ以上国の資金を当てにしても全体が衰弱するだけ。エネルギー・食糧の自立がまず必要。災害時にも、なるべく自立して被害を少なくし、復旧できる社会作り。地熱技術は進化していて、埼玉でも地熱利用は可能。
解決したい課題 入試・試験制度の正常化
平成22年以来入試制度は透明化された。
しかし、現実には中学時代から試験問題漏れは常態化している様子。不正の背後には明らかに国外勢力が居て、全人口の数割程度が不正に関わってしまっている。このままでは社会全体が、リビアのように一気に滅ぼされてしまうはずで、その警鐘を鳴らしたい。
政治家を志した理由 県立高校勤務時代に大規模な入試・試験不正に遭遇したこと。合格確約や入試データの書き換えが分かるテープを県に提出しても県や司法・マスコミは無視。
教育は社会の礎。それがおかしくなっていて、背景には日本社会全体を大規模に操作し、世界の核廃棄物処分場とする西欧軍産複合体の意図があるように思えること。
日本のめざすべき将来像 自立した社会
国に頼ることなく、他地域を犠牲にすることなく、なるべく自立した社会を作る。
現実的に、これ以上国の資金を当てにしても全体が衰弱するだけ。エネルギー・食糧の自立がまず必要。災害時にも、なるべく自立して被害を少なくし、復旧できる社会作り。地熱技術は進化していて、埼玉でも地熱利用は可能。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 入試・試験制度の正常化
平成22年以来入試制度は透明化された。
しかし、現実には中学時代から試験問題漏れは常態化している様子。不正の背後には明らかに国外勢力が居て、全人口の数割程度が不正に関わってしまっている。このままでは社会全体が、リビアのように一気に滅ぼされてしまうはずで、その警鐘を鳴らしたい。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 51.その他
  • -
  • -
大きく円安に振れると、一気に経済は行き詰るので、早急にエネルギー自立化が必要。
太陽光や太陽熱はもちろん、地熱については延性帯涵養地熱発電の可能性を探る。
アメリカのシェール開発も地熱開発を狙っているはずで、地熱こそが未来を支えるエネルギー。地熱井戸は地下構造の調査にも役立ち、地震予知に繋がる。
解決するための重要政策(2)
  • - 33.防災対策
  • - 34.震災復興
  • -
地震衝撃波の理解。硬い地盤の衝撃波被害が大。
神奈川県北部から栃木県南部までは関東フラグメントという太平洋プレートの破片が地下にあり、クッションの役目をして、地震被害が少なかった。
311後、関東フラグメント自体が地震を起こす可能性が高まったはずで、浅い地震が埼玉でも起こる可能性がある。以上の広報。
解決するための重要政策(3)
  • - 17.教育政策
  • - 16子育て支援
  • -
受験生の数パーセントが選抜作業に参加などの入試・試験制度の一層の透明化。
人間が一生を送り、命をつないでいくことは、試験不正によっては容易にならない。
本来誰でもが自分自身を鍛えていくことができ、それこそが教育の意味。
不正がはびこる現状は将来の破たんを招いている。このことを広く訴えていきたい 。
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト武田 信弘さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)
解決するための重要政策(1)
  • - 51.その他
  • -
  • -
大きく円安に振れると、一気に経済は行き詰るので、早急にエネルギー自立化が必要。
太陽光や太陽熱はもちろん、地熱については延性帯涵養地熱発電の可能性を探る。
アメリカのシェール開発も地熱開発を狙っているはずで、地熱こそが未来を支えるエネルギー。地熱井戸は地下構造の調査にも役立ち、地震予知に繋がる。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 33.防災対策
  • - 34.震災復興
  • -
地震衝撃波の理解。硬い地盤の衝撃波被害が大。
神奈川県北部から栃木県南部までは関東フラグメントという太平洋プレートの破片が地下にあり、クッションの役目をして、地震被害が少なかった。
311後、関東フラグメント自体が地震を起こす可能性が高まったはずで、浅い地震が埼玉でも起こる可能性がある。以上の広報。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 17.教育政策
  • - 16子育て支援
  • -
受験生の数パーセントが選抜作業に参加などの入試・試験制度の一層の透明化。
人間が一生を送り、命をつないでいくことは、試験不正によっては容易にならない。
本来誰でもが自分自身を鍛えていくことができ、それこそが教育の意味。
不正がはびこる現状は将来の破たんを招いている。このことを広く訴えていきたい 。
期限
数値目標
予算
財源
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト武田 信弘さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)