基本データ

マニフェスト種別 区議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 20 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 0
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 20 行政・議会改革 10
農林漁業 0 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 区役所で働いていた時、親を亡くした知的障がい者の方を地方の施設に入所させるため同行した際、別れ際に帰りたいと大泣きされました。公務員とし当たり前にした仕事が、本当は障がい者の暮らしを考えていなかったと痛切に感じました。住み慣れた地域で顔馴染の方々と暮らせる、そうした地域社会を築こうと決意をしました。
地域のありたい姿 心のユニバーサルデザインの実現です。心のユニバーサルデザインとは「心のやさしさや思いやり」の精神のことであり、「すべての人を個人として尊重し、思いやりの心を持って助け合う態度を育て、共に生きる人間の心の育成を目指す」ことであります。心豊かで他人を思いやれる地域の絆が大切と考えます。
解決したい課題 深刻な保育園待機児問題。そのためには、公有地を活用した大規模保育園を整備することに加え、区内に多く存在するマンションの空き部屋や空き一軒家などの“空き物件”を有効活用した、小規模保育園を増やすことが重要であり、そのためには人・物・金を支援する体制を築くことが重要であります。
政治家を志した理由 区役所で働いていた時、親を亡くした知的障がい者の方を地方の施設に入所させるため同行した際、別れ際に帰りたいと大泣きされました。公務員とし当たり前にした仕事が、本当は障がい者の暮らしを考えていなかったと痛切に感じました。住み慣れた地域で顔馴染の方々と暮らせる、そうした地域社会を築こうと決意をしました。
日本のめざすべき将来像 心のユニバーサルデザインの実現です。心のユニバーサルデザインとは「心のやさしさや思いやり」の精神のことであり、「すべての人を個人として尊重し、思いやりの心を持って助け合う態度を育て、共に生きる人間の心の育成を目指す」ことであります。心豊かで他人を思いやれる地域の絆が大切と考えます。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 深刻な保育園待機児問題。そのためには、公有地を活用した大規模保育園を整備することに加え、区内に多く存在するマンションの空き部屋や空き一軒家などの“空き物件”を有効活用した、小規模保育園を増やすことが重要であり、そのためには人・物・金を支援する体制を築くことが重要であります。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 43.人権擁護・保護
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • -
障がい者のグループホーム整備。障がいのある人、一人ひとりが地域の一員として尊重され、自己選択と自己決定のもとに、安心して自分らしく自立した生活を送ることのできる地域社会の実現が重要です。そのためにも「場の確保」として、グループホームの整備が必要不可欠であります。
解決するための重要政策(2)
  • - 2.介護支援
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • -
小規模多機能型居宅介護施設の計画的な整備。利用者が可能な限り自立した日常生活を送るためには、身近な地域に同施設を整備することで「通い」と、短期間の「宿泊」や利用者宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流を継続させることが重要であります。また、徒歩圏内で健康を維持する場の確保が必要です。
解決するための重要政策(3)
  • - 17.教育政策
  • - 4.生活保護対策
  • -
こどもの貧困問題。一人親世帯の貧困率が突出して高く、即効性のある対策が急がれます。特に、義務教育段階で学力格差を減らすことが大切で、そのためには子どもが育つ核となる家庭への経済的支援と、学習支援の確立が必要です。また、区独自の「給付型奨学金」の創設など「学び」を応援する制度の創設も重要と考えます。
解決するための重要政策(1)
  • - 43.人権擁護・保護
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • -
障がい者のグループホーム整備。障がいのある人、一人ひとりが地域の一員として尊重され、自己選択と自己決定のもとに、安心して自分らしく自立した生活を送ることのできる地域社会の実現が重要です。そのためにも「場の確保」として、グループホームの整備が必要不可欠であります。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 2.介護支援
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • -
小規模多機能型居宅介護施設の計画的な整備。利用者が可能な限り自立した日常生活を送るためには、身近な地域に同施設を整備することで「通い」と、短期間の「宿泊」や利用者宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流を継続させることが重要であります。また、徒歩圏内で健康を維持する場の確保が必要です。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 17.教育政策
  • - 4.生活保護対策
  • -
こどもの貧困問題。一人親世帯の貧困率が突出して高く、即効性のある対策が急がれます。特に、義務教育段階で学力格差を減らすことが大切で、そのためには子どもが育つ核となる家庭への経済的支援と、学習支援の確立が必要です。また、区独自の「給付型奨学金」の創設など「学び」を応援する制度の創設も重要と考えます。
期限
数値目標
予算
財源