基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 5 税財政・財政再建 5
産業政策 5 労働 5
社会資本整備 5 環境・エネルギー 15
教育・子育て 20 行政・議会改革 15
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 20

基本的な考え

政治家を志した理由 28年前に市議会議員に初当選したが その後社会の変革が急速に進み政治テーマが大きく異なって来た。例として、その当時は全く問題にならなかった待機児童問題は今や社会の重大な関心事になり まさに様変わりとなった。このような市民の身近な しかも重要な問題に関心を示し、それを解決するのが政治家である。
地域のありたい姿 人口減少による弊害を少なく、地域の活性化は町田市にとっても最重要課題である。若者が普通に働き、普通の給料を貰い、適齢期になれば結婚できる体制づくりが重要です。地方自治体としてしっかり支援し、ありたい姿である「若者が未来に向けて幸せな家庭ができる」を実現する方策の確立が急務である。
解決したい課題 1)川崎市岡上を町田市と合併を図る。これにより岡上に新しい橋を架けバスを鶴川駅南口に誘導する。2)北朝鮮のミサイル避難訓練の実施。日本を標的にするミサイルからの避難訓練は喫緊の課題ゆえ、一日も早い訓練を実施する。3)行財政改革、及び民間委託による経費削減、不要不急の公共事業の見直し。
政治家を志した理由 28年前に市議会議員に初当選したが その後社会の変革が急速に進み政治テーマが大きく異なって来た。例として、その当時は全く問題にならなかった待機児童問題は今や社会の重大な関心事になり まさに様変わりとなった。このような市民の身近な しかも重要な問題に関心を示し、それを解決するのが政治家である。
日本のめざすべき将来像 人口減少による弊害を少なく、地域の活性化は町田市にとっても最重要課題である。若者が普通に働き、普通の給料を貰い、適齢期になれば結婚できる体制づくりが重要です。地方自治体としてしっかり支援し、ありたい姿である「若者が未来に向けて幸せな家庭ができる」を実現する方策の確立が急務である。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 1)川崎市岡上を町田市と合併を図る。これにより岡上に新しい橋を架けバスを鶴川駅南口に誘導する。2)北朝鮮のミサイル避難訓練の実施。日本を標的にするミサイルからの避難訓練は喫緊の課題ゆえ、一日も早い訓練を実施する。3)行財政改革、及び民間委託による経費削減、不要不急の公共事業の見直し。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 14.緑化・公園整備
  • - 21.財政再建
  • -
「野津田公園に温泉入浴施設の建設」 この計画は市の税金を一切使用せず、市有地の公園の一部を貸出す事により民間事業者から年間約2千万円の賃料収入が入る。事業者は約15億円の投資をし地元に100人規模の雇用を生み出す事になる。市も未経験の事業で、民間活力活用により新しい収入源を確保する。
解決するための重要政策(2)
  • - 30.行政改革
  • - 31.議会改革
  • - 32.情報公開・広報広聴
議員定数の更なる削減は市民の大方の希望である。平成15年に40名から36名に削減したが更に削減は可能である。その裏付けは平成25年に自己都合で5名(内1名は逝去)が議員辞職し、結局31名の議員で議院運営が行われたが 何の支障もなく議会運営が行われた。市民からの苦情は皆無、議員からも皆無。
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 47.女性政策
  • - 51.その他
待機児童問題は子育支援金を現金で年間百万円支給することによって解消する。統計によると働く母親の60%は家計の為 パートで働いているのが現状。その方々が年間百万円の収入を得る事は並大抵ではない。保育所でのゼロ歳児は年間540万円の負担を強いられるが この方策で5家族が今すぐ助けられる。
解決するための重要政策(1)
  • - 14.緑化・公園整備
  • - 21.財政再建
  • -
「野津田公園に温泉入浴施設の建設」 この計画は市の税金を一切使用せず、市有地の公園の一部を貸出す事により民間事業者から年間約2千万円の賃料収入が入る。事業者は約15億円の投資をし地元に100人規模の雇用を生み出す事になる。市も未経験の事業で、民間活力活用により新しい収入源を確保する。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 30.行政改革
  • - 31.議会改革
  • - 32.情報公開・広報広聴
議員定数の更なる削減は市民の大方の希望である。平成15年に40名から36名に削減したが更に削減は可能である。その裏付けは平成25年に自己都合で5名(内1名は逝去)が議員辞職し、結局31名の議員で議院運営が行われたが 何の支障もなく議会運営が行われた。市民からの苦情は皆無、議員からも皆無。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 47.女性政策
  • - 51.その他
待機児童問題は子育支援金を現金で年間百万円支給することによって解消する。統計によると働く母親の60%は家計の為 パートで働いているのが現状。その方々が年間百万円の収入を得る事は並大抵ではない。保育所でのゼロ歳児は年間540万円の負担を強いられるが この方策で5家族が今すぐ助けられる。
期限
数値目標
予算
財源