基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 5
産業政策 10 労働 5
社会資本整備 10 環境・エネルギー 5
教育・子育て 30 行政・議会改革 10
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 先が見えない将来、いじめや虐待などの事件や2025年問題など様々な課題。これから人口減少という新しい時代にも突入します。この山積する課題に対し危機感を抱いた事。それが政治家を志した原点であります。生まれ育った街を守り、良い形で次世代に繋ぎ、海老名を”誇れる街”にしたいと強く思っております。
地域のありたい姿 海老名は2040年でも県下において川崎市と並び人口が減らない市でもあります。しかし地域別に見ると増加する地域と減る地域が極端に出てきます。それを食い止め、何よりも「海老名に住みたい!」と今まで以上に思って頂ける街づくりを進め、また子供達が志を持ち実現を応援する街にしなければならないと思っております。
解決したい課題 2025年問題。それを迎える準備は急ピッチに進めなければなりません。財政的にも厳しくなる今後、今の市民サービスを維持し、施策もより効果的にすべくPDCAを回しながら進めて行くべく行政改革に努めていきます。また家庭の事情によって起きる教育格差の是正も改善し、全ての子供達の可能性を伸ばす施策を講じます。
政治家を志した理由 先が見えない将来、いじめや虐待などの事件や2025年問題など様々な課題。これから人口減少という新しい時代にも突入します。この山積する課題に対し危機感を抱いた事。それが政治家を志した原点であります。生まれ育った街を守り、良い形で次世代に繋ぎ、海老名を”誇れる街”にしたいと強く思っております。
日本のめざすべき将来像 海老名は2040年でも県下において川崎市と並び人口が減らない市でもあります。しかし地域別に見ると増加する地域と減る地域が極端に出てきます。それを食い止め、何よりも「海老名に住みたい!」と今まで以上に思って頂ける街づくりを進め、また子供達が志を持ち実現を応援する街にしなければならないと思っております。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 2025年問題。それを迎える準備は急ピッチに進めなければなりません。財政的にも厳しくなる今後、今の市民サービスを維持し、施策もより効果的にすべくPDCAを回しながら進めて行くべく行政改革に努めていきます。また家庭の事情によって起きる教育格差の是正も改善し、全ての子供達の可能性を伸ばす施策を講じます。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
子育てするなら海老名市!と市外にも発信できるくらいの魅力が必要です。実績として主に保護者の経済負担軽減策として小、中学校の教材費無償化を進め、学童保育も4年前は五千万強だった予算も1億2千万円まで増やし、不妊治療の助成金も形になりました。今後も待機児童対策など子育て支援は引き続き強化していきます。
解決するための重要政策(2)
  • -
  • -
  • -
”教育トップレベルの街へ”
○放課後・土曜日に学習環境→実績として小学校の放課後に”まなびっ子”がスタートしましたが、これを深化させ中学校・土曜日への拡充
○小中一貫教育の本格実施に引き続き取り組みます
○子供達・授業構築に向き合える環境整備の為に先生の負担軽減
○いじめ・不登校対策にハイパーQU導入
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
海老名駅周辺開発や、交通の利便性等により人口は今より1万人強増加する試算です。しかし地区ごとに見ると約30年後には35%減少する地域もあり高齢化も顕著になる地域もあります。
○実績として三世代同居補助金を創設しましたが、子育て世代の実情を踏まえ近居、また空き家を活用し子育て世代に特化した施策を講じます。
解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
子育てするなら海老名市!と市外にも発信できるくらいの魅力が必要です。実績として主に保護者の経済負担軽減策として小、中学校の教材費無償化を進め、学童保育も4年前は五千万強だった予算も1億2千万円まで増やし、不妊治療の助成金も形になりました。今後も待機児童対策など子育て支援は引き続き強化していきます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • -
  • -
  • -
”教育トップレベルの街へ”
○放課後・土曜日に学習環境→実績として小学校の放課後に”まなびっ子”がスタートしましたが、これを深化させ中学校・土曜日への拡充
○小中一貫教育の本格実施に引き続き取り組みます
○子供達・授業構築に向き合える環境整備の為に先生の負担軽減
○いじめ・不登校対策にハイパーQU導入
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
海老名駅周辺開発や、交通の利便性等により人口は今より1万人強増加する試算です。しかし地区ごとに見ると約30年後には35%減少する地域もあり高齢化も顕著になる地域もあります。
○実績として三世代同居補助金を創設しましたが、子育て世代の実情を踏まえ近居、また空き家を活用し子育て世代に特化した施策を講じます。
期限
数値目標
予算
財源