MANIFESTO SWITCH ON!

浅尾 洋平

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の都道府県 愛知県
対象の自治体 新城市
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 25 税財政・財政再建 5
産業政策 5 労働 5
社会資本整備 5 環境・エネルギー 15
教育・子育て 20 行政・議会改革 5
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 私は、新城市民病院の看護師として奥三河の医療の充実に全力を尽くしてきました。しかし新城市の人口減少・少子高齢化・福祉と教育の貧困化を目の当たりにし、オール与党の新城市議会の立て直しが急務だと考え、天職だと考えていた看護師を辞め、家族を説得して立候補の決意を固めました。2期目を目指します。
地域のありたい姿 子ども、若者、高齢者、障がい者の皆さんが生き生き暮らせる新城市をつくりたい。また豊かな自然を守り、中小業者が元気に営業できるような「まちづくり」をめざしたい。一言でいえば「誰でも幸せに暮らせる新城市」。
解決したい課題 このビジョン実現のため、第1に「市政改革」。市民の税金を、市民の福祉・教育・地域経済の活性化に優先的に投じる。第2に「市民病院の充実」「産廃・悪臭問題の解決」。第3に「子育て支援(18歳までの医療費無料化)」と「高齢者・障がい者の外出支援の拡充」。
政治家を志した理由 私は、新城市民病院の看護師として奥三河の医療の充実に全力を尽くしてきました。しかし新城市の人口減少・少子高齢化・福祉と教育の貧困化を目の当たりにし、オール与党の新城市議会の立て直しが急務だと考え、天職だと考えていた看護師を辞め、家族を説得して立候補の決意を固めました。2期目を目指します。
日本のめざすべき将来像 子ども、若者、高齢者、障がい者の皆さんが生き生き暮らせる新城市をつくりたい。また豊かな自然を守り、中小業者が元気に営業できるような「まちづくり」をめざしたい。一言でいえば「誰でも幸せに暮らせる新城市」。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 このビジョン実現のため、第1に「市政改革」。市民の税金を、市民の福祉・教育・地域経済の活性化に優先的に投じる。第2に「市民病院の充実」「産廃・悪臭問題の解決」。第3に「子育て支援(18歳までの医療費無料化)」と「高齢者・障がい者の外出支援の拡充」。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 1.医療政策
  • - 5.中小企業政策
  • - 17.教育政策
私の「市政改革」は、市民のみなさんが納めた税金を市民の福祉・教育・地域経済の活性化に還元すること。現在の市政は、大企業・箱モノ・イベント事業への投資が目立ち、「高速バス事業」などムダ使いと思われるものもある。この逆立ち政治を変えたい!
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • - 25.環境保全・保護
  • - 32.情報公開・広報広聴
第2に「市民病院の充実」「産廃・悪臭問題の解決」が急務です。市民病院の産科・救急・泌尿器科の復活・充実のため、医師を増員する(医学生対象の奨学金制度を提案)。産廃・悪臭問題は、行政主導で立ち入り検査・臭気データn公開・問題企業等への指導を徹底する。
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 15.少子化対策
  • - 38.地域コミュニティづくり
第3に「子育て支援(18歳までの医療費無料化)」と「高齢者・障がい者の外出支援の拡充」。「子どもの貧困」対策にもなる18歳までの医療費無料化の拡充予算は年間2300万円。また、現行の高齢者外出支援の要件を80歳から他市と同じ70歳へ引き下げる。やる気があれば、すぐ出来る!
解決するための重要政策(1)
  • - 1.医療政策
  • - 5.中小企業政策
  • - 17.教育政策
私の「市政改革」は、市民のみなさんが納めた税金を市民の福祉・教育・地域経済の活性化に還元すること。現在の市政は、大企業・箱モノ・イベント事業への投資が目立ち、「高速バス事業」などムダ使いと思われるものもある。この逆立ち政治を変えたい!
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • - 25.環境保全・保護
  • - 32.情報公開・広報広聴
第2に「市民病院の充実」「産廃・悪臭問題の解決」が急務です。市民病院の産科・救急・泌尿器科の復活・充実のため、医師を増員する(医学生対象の奨学金制度を提案)。産廃・悪臭問題は、行政主導で立ち入り検査・臭気データn公開・問題企業等への指導を徹底する。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 15.少子化対策
  • - 38.地域コミュニティづくり
第3に「子育て支援(18歳までの医療費無料化)」と「高齢者・障がい者の外出支援の拡充」。「子どもの貧困」対策にもなる18歳までの医療費無料化の拡充予算は年間2300万円。また、現行の高齢者外出支援の要件を80歳から他市と同じ70歳へ引き下げる。やる気があれば、すぐ出来る!
期限
数値目標
予算
財源