基本データ

マニフェスト種別 参議院議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 税財政・財政再建
産業政策 労働
社会資本整備 環境・エネルギー
教育・子育て 行政・議会改革
農林漁業 安全・防災・震災復興

基本的な考え

政治家を志した理由 経済や外交で問題が山積みの日本は、今、岐路に立っている。日本の未来を良くしていくためには、勤勉さ、正直といった日本のこころを政治に生かすことだと思う。中山恭子代表の勧めもあり、34歳の今、参議院を目指すこととした。
地域のありたい姿 デフレから脱却して、しっかりと成長し、国民の皆さんの収入が増える経済を実現する。成長する経済によって、税収と社会保険料収入を増やし、充実した社会保障を実現する国にする。人工知能、ロボティクスなど未来技術の開発を進め、労働人口が減っても繁栄が持続する社会を築く。
解決したい課題 日本の対外発信力は弱い。ジャパンハウスはサブカルやエンターティメントばかりを扱っているが、それだけではなく国の立場や主張、そして歴史問題をしっかりと発信していくべきである。日本が国際社会からいわれのない非難をされないよう、対応する国の機関を創るべきである。
政治家を志した理由 経済や外交で問題が山積みの日本は、今、岐路に立っている。日本の未来を良くしていくためには、勤勉さ、正直といった日本のこころを政治に生かすことだと思う。中山恭子代表の勧めもあり、34歳の今、参議院を目指すこととした。
日本のめざすべき将来像 デフレから脱却して、しっかりと成長し、国民の皆さんの収入が増える経済を実現する。成長する経済によって、税収と社会保険料収入を増やし、充実した社会保障を実現する国にする。人工知能、ロボティクスなど未来技術の開発を進め、労働人口が減っても繁栄が持続する社会を築く。
日本の現状認識 大きな課題は、経済と社会保障である。しかし、社会保障は税収不足を根本原因としているため、緩やかなインフレ経済を実現して、成長する日本経済にすることが先決である。消費税の増税が民間消費を縮小させた効果は絶大であったことを肝に銘じるべきと考える。
日本の解決したい課題 日本の対外発信力は弱い。ジャパンハウスはサブカルやエンターティメントばかりを扱っているが、それだけではなく国の立場や主張、そして歴史問題をしっかりと発信していくべきである。日本が国際社会からいわれのない非難をされないよう、対応する国の機関を創るべきである。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • -
  • -
  • -
登録依頼中
解決するための重要政策(2)
  • -
  • -
  • -
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
解決するための重要政策(1)
  • -
  • -
  • -
登録依頼中
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • -
  • -
  • -
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
期限
数値目標
予算
財源