MANIFESTO SWITCH ON!

須賀 かずお

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 東京都
対象の選挙区 千代田区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 20 税財政・財政再建 0
産業政策 5 労働 10
社会資本整備 5 環境・エネルギー 10
教育・子育て 20 行政・議会改革 5
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 20

基本的な考え

政治家を志した理由 平和でこそ成り立つ出版産業で働いてきたものとして、安倍首相の憲法9条「改正」発言に危機感を強くした。また、コメ作りを通じて食の安全を考え、保育園の評議員・理事として保育環境の改善にとりくんだ経験を活かし、超党派の区民・団体と力を合わせ「都民が主役」の都政をつくる決意をした。
地域のありたい姿 自分らしく生きられる東京をめざす。具体的には誰もがお金の心配なく学べ、安心して子育てができ、医療や介護が受けらる社会。国籍・性別・出身地・障害・性的指向などで不利益を被ることなく、個人として尊重される社会。
解決したい課題 築地市場の豊洲移転は、無害化が不可能であることを小池都知事が公式に認め、破たんは明確。待機児解消は保育環境の向上と一体で取り組むべき。人口減社会に入ったが、オフィスやマンションの過剰供給が続き、空き室が増加している。将来世代の負担となりかねない。
政治家を志した理由 平和でこそ成り立つ出版産業で働いてきたものとして、安倍首相の憲法9条「改正」発言に危機感を強くした。また、コメ作りを通じて食の安全を考え、保育園の評議員・理事として保育環境の改善にとりくんだ経験を活かし、超党派の区民・団体と力を合わせ「都民が主役」の都政をつくる決意をした。
日本のめざすべき将来像 自分らしく生きられる東京をめざす。具体的には誰もがお金の心配なく学べ、安心して子育てができ、医療や介護が受けらる社会。国籍・性別・出身地・障害・性的指向などで不利益を被ることなく、個人として尊重される社会。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 築地市場の豊洲移転は、無害化が不可能であることを小池都知事が公式に認め、破たんは明確。待機児解消は保育環境の向上と一体で取り組むべき。人口減社会に入ったが、オフィスやマンションの過剰供給が続き、空き室が増加している。将来世代の負担となりかねない。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 35.食の安全
  • -
  • -
都民や専門家、業者の英知を集め、築地市場の豊洲新市場への移転を中止し、白紙に戻す。豊洲の施設の活用方法について都民と関係者、専門家の知恵を結集して生鮮食品の市場以外の検討を進める。 
解決するための重要政策(2)
  • - 16子育て支援
  • - 2.介護支援
  • -
認可保育園を抜本的に増やすため、保育士の処遇改善、公立保育園への整備費・運営費の支援、都有地の活用を進める。特養ホームの整備と介護職員の処遇改善で待機者ゼロを目ざす。
解決するための重要政策(3)
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • - 37.景観保護
  • - 44.住宅政策
再開発を経済の道具にする「都市再生」路線を見直す。まちをつくってきた区民が住み続けられる支援を強め、環境を守り、数十年後を見据えた持続可能なまちづくりルールをつくっていく。 
解決するための重要政策(1)
  • - 35.食の安全
  • -
  • -
都民や専門家、業者の英知を集め、築地市場の豊洲新市場への移転を中止し、白紙に戻す。豊洲の施設の活用方法について都民と関係者、専門家の知恵を結集して生鮮食品の市場以外の検討を進める。 
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 16子育て支援
  • - 2.介護支援
  • -
認可保育園を抜本的に増やすため、保育士の処遇改善、公立保育園への整備費・運営費の支援、都有地の活用を進める。特養ホームの整備と介護職員の処遇改善で待機者ゼロを目ざす。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • - 37.景観保護
  • - 44.住宅政策
再開発を経済の道具にする「都市再生」路線を見直す。まちをつくってきた区民が住み続けられる支援を強め、環境を守り、数十年後を見据えた持続可能なまちづくりルールをつくっていく。 
期限
数値目標
予算
財源