MANIFESTO SWITCH ON!

松井 一郎

マニフェスト種別 都道府県知事マニフェスト
対象の都道府県 大阪府
対象の自治体 大阪府
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 10
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 「広域自治体が大都市圏域の成長を支え、基礎自治体がその果実を住民のために配分する」新たな地域経営モデルを実現するため。福祉、医療、教育、安心・安全等に係る住民サービスの向上こそが地方政府の存在理由であるが、そのためには、圏域の競争力の強化と成長が不可欠。以上を達成したい。
地域のありたい姿 副首都大阪の確立。東京一極集中は、地震等の大災害時に国家機能の全てがストップするので、復旧復興が困難であるというリスクが表面化している。大阪に首都機能の一部を持たせ、先ずは二極化することによりそのリスクを解消し、その後に多極分散型の国家を確立する。それを支える地方自治制度としての道州制を目指す。
解決したい課題 大阪の地方政治における課題は、広域行政の一元化と住民自治の充実である。二重行政を解消して広域行政の一元化と住民自治の充実をはかり、都市間競争の激化、少子高齢化の進展などの社会情勢の変化にあわせ、統一された戦略のもと、限られた財源を使って、迅速・的確に施策を打っていくことで大阪の再生を実現する。
政治家を志した理由 「広域自治体が大都市圏域の成長を支え、基礎自治体がその果実を住民のために配分する」新たな地域経営モデルを実現するため。福祉、医療、教育、安心・安全等に係る住民サービスの向上こそが地方政府の存在理由であるが、そのためには、圏域の競争力の強化と成長が不可欠。以上を達成したい。
日本のめざすべき将来像 副首都大阪の確立。東京一極集中は、地震等の大災害時に国家機能の全てがストップするので、復旧復興が困難であるというリスクが表面化している。大阪に首都機能の一部を持たせ、先ずは二極化することによりそのリスクを解消し、その後に多極分散型の国家を確立する。それを支える地方自治制度としての道州制を目指す。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 大阪の地方政治における課題は、広域行政の一元化と住民自治の充実である。二重行政を解消して広域行政の一元化と住民自治の充実をはかり、都市間競争の激化、少子高齢化の進展などの社会情勢の変化にあわせ、統一された戦略のもと、限られた財源を使って、迅速・的確に施策を打っていくことで大阪の再生を実現する。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • -
  • -
現状の大阪戦略調整会議では二重行政解消に向けた方向性を見出す状況にはなく、行政の仕組みを根本的に変える統治機構改革が必要。これまで以上に府民の皆さまと十分に議論を尽くし、納得を得られる、大阪の新しい設計図を作り直したい。まずは府市の公務員が協働できる府市共同チームをつくり具体化作業に着手する。
解決するための重要政策(2)
  • - 7.道路網整備
  • - 8.鉄道整備
  • -
統治機構改革に先んじて府市一体で以下の経済成長戦略を進める。
・産業振興機構の府市統合など、産業育成の基盤整備
・地方税ゼロなど特区の活用
・創薬など、先端技術産業の拠点形成
・リニア同時開業、北陸新幹線大阪開通、大阪域内ネットワーク整備など、広域インフラ整備
・中小零細企業の応援
解決するための重要政策(3)
  • - 41.観光振興
  • -
  • -
統治機構改革に先んじて、以下の府市一体の戦略で、国際エンターテインメント都市へ進化させる。
・大阪観光局の活用
・統合型リゾート(IR)の誘致
・国際万博の開催
・国際人材の育成確保
・夜間経済の振興(関西空港対応)
・宿泊施設の確保、民泊の活用
・うめきた2期、御堂筋、中之島等都心の再生
解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • -
  • -
現状の大阪戦略調整会議では二重行政解消に向けた方向性を見出す状況にはなく、行政の仕組みを根本的に変える統治機構改革が必要。これまで以上に府民の皆さまと十分に議論を尽くし、納得を得られる、大阪の新しい設計図を作り直したい。まずは府市の公務員が協働できる府市共同チームをつくり具体化作業に着手する。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 7.道路網整備
  • - 8.鉄道整備
  • -
統治機構改革に先んじて府市一体で以下の経済成長戦略を進める。
・産業振興機構の府市統合など、産業育成の基盤整備
・地方税ゼロなど特区の活用
・創薬など、先端技術産業の拠点形成
・リニア同時開業、北陸新幹線大阪開通、大阪域内ネットワーク整備など、広域インフラ整備
・中小零細企業の応援
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 41.観光振興
  • -
  • -
統治機構改革に先んじて、以下の府市一体の戦略で、国際エンターテインメント都市へ進化させる。
・大阪観光局の活用
・統合型リゾート(IR)の誘致
・国際万博の開催
・国際人材の育成確保
・夜間経済の振興(関西空港対応)
・宿泊施設の確保、民泊の活用
・うめきた2期、御堂筋、中之島等都心の再生
期限
数値目標
予算
財源