基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 10
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 年間10万人が介護離職をする時、身内の介護で精神的、肉体的、経済的な負担に誰もが直面します。この介護問題の対策を遅らせると地域社会が衰退し取り返しのつかない状況に陥ると実感しました。解決していく為には政治の力が必要なのです。誰かがやってくれるのを待っていては何も変わりません。だから私がやるのです。
地域のありたい姿 誰もが吉川に住んで良かった、住んでみたい、住み続けたいと思える街をつくります。介護に不安を残すことなく、安心して子育ができ、豊かな教育を受け、若者が活躍でき、防災防犯に強く、地元産業の全国知名度向上を図ります。100年後も吉川が吉川であるために今すべきことは、確かな議員を議会に送ることなのです。
解決したい課題 @介護する側・される側の負担軽減、A今後更に増加が予想される待機児童、子育て支援、B将来にわたる人口減少、少子高齢化による街の衰退防止。行政が抱える多くの課題を解決する為には、人口問題が大きく直結します。子供からお年寄りまで活き活きとした社会でなければ街の成長発展はありえないのです。
政治家を志した理由 年間10万人が介護離職をする時、身内の介護で精神的、肉体的、経済的な負担に誰もが直面します。この介護問題の対策を遅らせると地域社会が衰退し取り返しのつかない状況に陥ると実感しました。解決していく為には政治の力が必要なのです。誰かがやってくれるのを待っていては何も変わりません。だから私がやるのです。
日本のめざすべき将来像 誰もが吉川に住んで良かった、住んでみたい、住み続けたいと思える街をつくります。介護に不安を残すことなく、安心して子育ができ、豊かな教育を受け、若者が活躍でき、防災防犯に強く、地元産業の全国知名度向上を図ります。100年後も吉川が吉川であるために今すべきことは、確かな議員を議会に送ることなのです。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 @介護する側・される側の負担軽減、A今後更に増加が予想される待機児童、子育て支援、B将来にわたる人口減少、少子高齢化による街の衰退防止。行政が抱える多くの課題を解決する為には、人口問題が大きく直結します。子供からお年寄りまで活き活きとした社会でなければ街の成長発展はありえないのです。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 2.介護支援
  • - 24.失業対策
  • -
■介護福祉士の育成・支援を推進します。
在宅介護と仕事の両立は極めて困難です。働き世代が離職を余儀なくされると収入が途絶え家庭がなりたたなくなります。それにより子育てが難しくなると町の人口は減り活力が失われます。その為、施設介護が重要になっておりそこで働く人材不足の解消や待遇改善が必要不可欠です。
解決するための重要政策(2)
  • - 15.少子化対策
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
■保育士の育成支援、産婦人科の誘致を推進します。
未来の吉川のためにも多様な子供たちを地域で育てることが急務であり、特に幼児教育がその後の人生においても重要なものとなります。それには現場で働く保育士の待遇向上が必要不可欠です。また、産婦人科の数が少ないので安心して産める環境整備を行う必要があります。
解決するための重要政策(3)
  • - 51.その他
  • - 22.企業誘致
  • - 6.景気対策
■人口10万人を目指します。
現在、将来推計人口は最大約7.7万人とされ、街づくり構想では、平成33年時に7.5万人と設定されています。人口は街の活力の源泉です。頭打ちの街に企業が投資しようと考えるでしょうか。全国的な知名度の向上を図るには目標を掲げ吉川市はこれから成長していくとPRしていく必要があります。
解決するための重要政策(1)
  • - 2.介護支援
  • - 24.失業対策
  • -
■介護福祉士の育成・支援を推進します。
在宅介護と仕事の両立は極めて困難です。働き世代が離職を余儀なくされると収入が途絶え家庭がなりたたなくなります。それにより子育てが難しくなると町の人口は減り活力が失われます。その為、施設介護が重要になっておりそこで働く人材不足の解消や待遇改善が必要不可欠です。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 15.少子化対策
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
■保育士の育成支援、産婦人科の誘致を推進します。
未来の吉川のためにも多様な子供たちを地域で育てることが急務であり、特に幼児教育がその後の人生においても重要なものとなります。それには現場で働く保育士の待遇向上が必要不可欠です。また、産婦人科の数が少ないので安心して産める環境整備を行う必要があります。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 51.その他
  • - 22.企業誘致
  • - 6.景気対策
■人口10万人を目指します。
現在、将来推計人口は最大約7.7万人とされ、街づくり構想では、平成33年時に7.5万人と設定されています。人口は街の活力の源泉です。頭打ちの街に企業が投資しようと考えるでしょうか。全国的な知名度の向上を図るには目標を掲げ吉川市はこれから成長していくとPRしていく必要があります。
期限
数値目標
予算
財源