MANIFESTO SWITCH ON!

伊藤 大気

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 東京都
対象の選挙区 墨田区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 20 税財政・財政再建 5
産業政策 15 労働 20
社会資本整備 10 環境・エネルギー 0
教育・子育て 20 行政・議会改革 0
農林漁業 0 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 学費を払えず進学を諦めた学生。長時間過密労働で命を落とした青年。認可保育園に子どもを預けられず仕事を辞めたお母さん。数々の実態に出会い、一緒に社会を変えようと活動してきました。皆さんとの出会いが決意を後押ししました。「政治の壁」を突き破り、皆さんが生きていて良かったと思える都政をつくります。
地域のありたい姿 墨田区は5人に1人が65歳以上。高齢者の1人暮らしは2万人を超えます。平均所得は270万円、子どもの貧困率は足立に次いで2位。修学援助を利用している子どもは4人に1人です。皆さんが安心して子育てでき、若者が希望をもち学ぶことができる、高齢者の皆さんが安心して老後を過ごせる地域をつくります。
解決したい課題 子育て世代、低所得層、高齢者の多い地域にとって国保料の大幅値上げは大変な打撃です。高すぎる国保料、介護保険料の負担を大幅に減らします。2年連続600人を超える待機児童問題の解消は急務です。福祉分野の人材(保育、介護福祉士)の賃金アップ、処遇改善で「質」を守り、安心して生活できる環境をつくります。
政治家を志した理由 学費を払えず進学を諦めた学生。長時間過密労働で命を落とした青年。認可保育園に子どもを預けられず仕事を辞めたお母さん。数々の実態に出会い、一緒に社会を変えようと活動してきました。皆さんとの出会いが決意を後押ししました。「政治の壁」を突き破り、皆さんが生きていて良かったと思える都政をつくります。
日本のめざすべき将来像 墨田区は5人に1人が65歳以上。高齢者の1人暮らしは2万人を超えます。平均所得は270万円、子どもの貧困率は足立に次いで2位。修学援助を利用している子どもは4人に1人です。皆さんが安心して子育てでき、若者が希望をもち学ぶことができる、高齢者の皆さんが安心して老後を過ごせる地域をつくります。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 子育て世代、低所得層、高齢者の多い地域にとって国保料の大幅値上げは大変な打撃です。高すぎる国保料、介護保険料の負担を大幅に減らします。2年連続600人を超える待機児童問題の解消は急務です。福祉分野の人材(保育、介護福祉士)の賃金アップ、処遇改善で「質」を守り、安心して生活できる環境をつくります。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
認可保育園の定員数を就学前人口の50%まで増やすことを目指し、4年で9万人分増設する。そのために公立保育園の整備費、運営費への支援をおこない、都有地や国有地の活用をすすめます。社会的役割にふさわしい保育士の処遇改善をすすめます。墨田区の待機児童問題は解消し、墨田区の「整備計画」を再検討させます。
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • - 2.介護支援
  • - 3.年金政策
高すぎる国保料を値下げさせ、さらに1万円値下げします。墨田区は国保料の滞納者が3割という状況です。5人に1人が65歳以上であり、介護保険料の負担軽減、4年間で2万人分の特養ホームの増設は、主な収入を年金に頼っている当事者だけでなく、支える家族の負担も軽減することができます。
解決するための重要政策(3)
  • - 17.教育政策
  • -
  • -
高すぎる学費が子どもたちの進路を妨げています。奨学金を利用しても卒業時には200万円から1000万円の借金を背負い社会人になります。世帯収入のおよそ16%が学費に使われる実態をふまえ、東京都独自に給付型奨学金をつくり、家族や学生の経済的負担を減らし、安心して学び続けることができる環境をつくります。
解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
認可保育園の定員数を就学前人口の50%まで増やすことを目指し、4年で9万人分増設する。そのために公立保育園の整備費、運営費への支援をおこない、都有地や国有地の活用をすすめます。社会的役割にふさわしい保育士の処遇改善をすすめます。墨田区の待機児童問題は解消し、墨田区の「整備計画」を再検討させます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • - 2.介護支援
  • - 3.年金政策
高すぎる国保料を値下げさせ、さらに1万円値下げします。墨田区は国保料の滞納者が3割という状況です。5人に1人が65歳以上であり、介護保険料の負担軽減、4年間で2万人分の特養ホームの増設は、主な収入を年金に頼っている当事者だけでなく、支える家族の負担も軽減することができます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 17.教育政策
  • -
  • -
高すぎる学費が子どもたちの進路を妨げています。奨学金を利用しても卒業時には200万円から1000万円の借金を背負い社会人になります。世帯収入のおよそ16%が学費に使われる実態をふまえ、東京都独自に給付型奨学金をつくり、家族や学生の経済的負担を減らし、安心して学び続けることができる環境をつくります。
期限
数値目標
予算
財源