基本データ

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の選挙区 小平市
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 13 税財政・財政再建 4
産業政策 13 労働 5
社会資本整備 13 環境・エネルギー 13
教育・子育て 16 行政・議会改革 2
農林漁業 8 安全・防災・震災復興 13

基本的な考え

政治家を志した理由 放射線技師で地方公務員の父親の背中を見て育ち、 人の命を救う仕事を夢に上京。学生時代、松本洋平衆議院議員の選挙を手伝い、のちに秘書として活動。市民の方と直接ふれあい、様々な要望や意見を頂く。「市民の心を救うのは、政治の役割ではないか。」市民の声を都政に届ける架け橋になりたいとの思いから決意。
地域のありたい姿 小平市の都市機能のさらなる向上と、豊かな緑を守りつつ、デジタル化を進め、さらには、子育て支援、教育環境の充実、文化・芸術・スポーツ振興により、現役世代から選ばれる街を目指す。賑わいある街を作ることにより、少子化トレンドからの脱却を図るとともに、持続可能な財政により、一層の福祉の向上を図っていく。
解決したい課題 西武新宿線の立体交差化や開かずの踏切問題の解消、歩道の拡幅や無電柱化など人に優しいインフラ整備。都市農業の振興、玉川上水の保全など緑の保全。市内Wi-Fi環境の整備や、デジタル格差の解消、テレワーク推進などデジタル化の推進。子育て支援、市内小中学校の建て替えや、質の高い公教育実現のための支援など
政治家を志した理由 放射線技師で地方公務員の父親の背中を見て育ち、 人の命を救う仕事を夢に上京。学生時代、松本洋平衆議院議員の選挙を手伝い、のちに秘書として活動。市民の方と直接ふれあい、様々な要望や意見を頂く。「市民の心を救うのは、政治の役割ではないか。」市民の声を都政に届ける架け橋になりたいとの思いから決意。
日本のめざすべき将来像 小平市の都市機能のさらなる向上と、豊かな緑を守りつつ、デジタル化を進め、さらには、子育て支援、教育環境の充実、文化・芸術・スポーツ振興により、現役世代から選ばれる街を目指す。賑わいある街を作ることにより、少子化トレンドからの脱却を図るとともに、持続可能な財政により、一層の福祉の向上を図っていく。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 西武新宿線の立体交差化や開かずの踏切問題の解消、歩道の拡幅や無電柱化など人に優しいインフラ整備。都市農業の振興、玉川上水の保全など緑の保全。市内Wi-Fi環境の整備や、デジタル格差の解消、テレワーク推進などデジタル化の推進。子育て支援、市内小中学校の建て替えや、質の高い公教育実現のための支援など

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 8.鉄道整備
  • -
  • -
西武新宿線の利便性の向上を目指す。立体交差化や、他路線への乗り入れ、ホームドアの設置など具体策の実現可能性についての調査研究。関連する自治体や議員間での研修会の開催により気運の醸成を図る。その結果についてSNS等の媒体を活用した市民・都民への報告。
解決するための重要政策(2)
  • - 46.若者の政治参加
  • -
  • -
小平市内在住の大学生との意見交換会を開催。
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
出産一時金の支給拡大 1子ごと42万円→62万円を目標にした引き上げや、不妊治療費の助成 (国1/2、都1/2)1回30万円、1子ごと通算6回 まで拡充を目指すという党の公約を実現すべく議会活動を行う。
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト磯山亮さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)
解決するための重要政策(1)
  • - 8.鉄道整備
  • -
  • -
西武新宿線の利便性の向上を目指す。立体交差化や、他路線への乗り入れ、ホームドアの設置など具体策の実現可能性についての調査研究。関連する自治体や議員間での研修会の開催により気運の醸成を図る。その結果についてSNS等の媒体を活用した市民・都民への報告。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 46.若者の政治参加
  • -
  • -
小平市内在住の大学生との意見交換会を開催。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
出産一時金の支給拡大 1子ごと42万円→62万円を目標にした引き上げや、不妊治療費の助成 (国1/2、都1/2)1回30万円、1子ごと通算6回 まで拡充を目指すという党の公約を実現すべく議会活動を行う。
期限
数値目標
予算
財源
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト磯山亮さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)