MANIFESTO SWITCH ON!

岡本 京子

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 東京都
対象の選挙区 世田谷区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 10
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 生活者ネットワークでは、政治は生活の道具ととらえ、政治を私たちのものとして活用するために議会へ代理人を送り出す活動をしている。長く市民活動に関わってきたが、やはり議会での発言と活動の現場の両方から課題解決に向けて活動していくべきだと考えた。
地域のありたい姿 人口減少、超高齢社会を目前に東京を持続可能な生活の都市にしていきたい。
1子ども、若者がともに育ち学べる機会を保障されること 2自らの生活と地域社会を豊かにする働き方を生み出すこと 3誰もが安心して地域で暮らし続けられるまちであること 4再生可能エネルギーの活用 5民主主義と市民自治が実感できること
解決したい課題 経済を最優先にしてきたことで格差が拡大し、子どもの貧困につながっている。若者の非正規雇用が労働環境の悪化を招き閉塞感や不寛容な社会となってきた。人権を無視した労働政策や福祉政策が拡大しており、なにより人権を尊重するまちに変える。
政治家を志した理由 生活者ネットワークでは、政治は生活の道具ととらえ、政治を私たちのものとして活用するために議会へ代理人を送り出す活動をしている。長く市民活動に関わってきたが、やはり議会での発言と活動の現場の両方から課題解決に向けて活動していくべきだと考えた。
日本のめざすべき将来像 人口減少、超高齢社会を目前に東京を持続可能な生活の都市にしていきたい。
1子ども、若者がともに育ち学べる機会を保障されること 2自らの生活と地域社会を豊かにする働き方を生み出すこと 3誰もが安心して地域で暮らし続けられるまちであること 4再生可能エネルギーの活用 5民主主義と市民自治が実感できること
日本の現状認識
日本の解決したい課題 経済を最優先にしてきたことで格差が拡大し、子どもの貧困につながっている。若者の非正規雇用が労働環境の悪化を招き閉塞感や不寛容な社会となってきた。人権を無視した労働政策や福祉政策が拡大しており、なにより人権を尊重するまちに変える。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 2.介護支援
  • - 16子育て支援
  • -
認知症になっても一人暮らしになっても安心のまち「看取り」に対応できる地域医療・介護・住まいの確保を進める。待機児ゼロは勿論子どもも親も一人にしない。子どもの育ちを応援する政策を充実させる。今こそ「子育て・介護は社会のしごと」年齢や障害の有無に関係なく住み慣れた地域で暮らし続けるためのしくみをつくる。
解決するための重要政策(2)
  • - 26.再生可能エネルギー導入
  • - 27.省エネルギー政策
  • -
再生可能エネルギーの取り組みを促進し、原発ゼロ、エネルギー自立都市をめざす。省エネやエネルギーシフトを進め、東京で使うエネルギーは東京でつくることをめざしたい。これまでひたすら拡大・成長を目指した東京は環境に配慮し、生活都市として持続可能な福祉社会に転換すべきである。
解決するための重要政策(3)
  • - 31.議会改革
  • - 32.情報公開・広報広聴
  • -
情報公開を促進し、議会基本条例を制定する。報酬削減や費用弁償の廃止だけでなく、議会運営などの改革を進め、公聴会など市民が発言する機会を保障し、開かれた都政に変えていく。公用車や海外視察の見直しなどあらゆる議員特権を廃止する。
解決するための重要政策(1)
  • - 2.介護支援
  • - 16子育て支援
  • -
認知症になっても一人暮らしになっても安心のまち「看取り」に対応できる地域医療・介護・住まいの確保を進める。待機児ゼロは勿論子どもも親も一人にしない。子どもの育ちを応援する政策を充実させる。今こそ「子育て・介護は社会のしごと」年齢や障害の有無に関係なく住み慣れた地域で暮らし続けるためのしくみをつくる。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 26.再生可能エネルギー導入
  • - 27.省エネルギー政策
  • -
再生可能エネルギーの取り組みを促進し、原発ゼロ、エネルギー自立都市をめざす。省エネやエネルギーシフトを進め、東京で使うエネルギーは東京でつくることをめざしたい。これまでひたすら拡大・成長を目指した東京は環境に配慮し、生活都市として持続可能な福祉社会に転換すべきである。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 31.議会改革
  • - 32.情報公開・広報広聴
  • -
情報公開を促進し、議会基本条例を制定する。報酬削減や費用弁償の廃止だけでなく、議会運営などの改革を進め、公聴会など市民が発言する機会を保障し、開かれた都政に変えていく。公用車や海外視察の見直しなどあらゆる議員特権を廃止する。
期限
数値目標
予算
財源