MANIFESTO SWITCH ON!

上田 令子

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 東京都
対象の選挙区 江戸川区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 10
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 マタハラを受け退職を迫られ江戸川区ではゼロ歳児保育をしていなかったこと。
起業をした後、行政がBSの感覚をもっておらず税金の無駄遣いと天下りが許せなかった。
地域のありたい姿 地域創生政策が声高に叫ばれている一方地方分権を実現する道州制についての取組は進んでおらず地域と地域住民は変わらず置き去りにされたままである
ゆえに地域政党「都民ファーストの会」の活動を盛んにすることで、地域住民が自ら治める「自治」を実現し有権者の選択肢を増やし、地方議会と地方自治体を活性化すること。
解決したい課題 待ったなしの少子高齢化によりこれから膨らみ続ける福祉保健費と約6兆円の都債残高を鑑み財政健全化条例を制定したい
効率的な予算編成をすることで保育、教育、過不足ない福祉、強固な都市基盤整備等喫緊に必要な施策に選択と集中ができる。その施策はひとつひとつ厳しく精査し公表しワイズスペンディングな事業とする。
政治家を志した理由 マタハラを受け退職を迫られ江戸川区ではゼロ歳児保育をしていなかったこと。
起業をした後、行政がBSの感覚をもっておらず税金の無駄遣いと天下りが許せなかった。
日本のめざすべき将来像 地域創生政策が声高に叫ばれている一方地方分権を実現する道州制についての取組は進んでおらず地域と地域住民は変わらず置き去りにされたままである
ゆえに地域政党「都民ファーストの会」の活動を盛んにすることで、地域住民が自ら治める「自治」を実現し有権者の選択肢を増やし、地方議会と地方自治体を活性化すること。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 待ったなしの少子高齢化によりこれから膨らみ続ける福祉保健費と約6兆円の都債残高を鑑み財政健全化条例を制定したい
効率的な予算編成をすることで保育、教育、過不足ない福祉、強固な都市基盤整備等喫緊に必要な施策に選択と集中ができる。その施策はひとつひとつ厳しく精査し公表しワイズスペンディングな事業とする。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • -
  • -
都民の私有財産であるお金を自分の好きなように使う自由を担保すべき
その貴重な私有財産から頂戴する税金については使途及び目的について厳しく監視をしていくことが行政の責務である。財源は無限ではないため常に一つ一つの事業を検証し税金の無駄遣い、不正・癒着・天下りを防ぎ財政健全化を維持する努力を続けるべき。
解決するための重要政策(2)
  • - 17.教育政策
  • - 16子育て支援
  • -
子どもの権利条約に則し、いじめ・虐待などあらゆる暴力から子どもの人権を守ることを最優先とします。もって、基礎自治体の抱える公教育の在り方を常に問うていきます。また、子どもたちが安心・安全・自由に児童福祉施設及び教育現場、地域、家庭で過ごせるための子育て支援を講じていきます。
解決するための重要政策(3)
  • - 31.議会改革
  • -
  • -
知事と議会は二元代表制の下、車の両輪として機能していくものである。都民益の具現化に向け、議会サイドにおいては、自ら襟元を質し、一人ひとりの議員の発言権を担保し、議事録も残さない密室で行われる議会運営理事会など議会運営そのものを改めるべき。このように醸成された特権意識を撤廃すべく議員公用車も廃止へ。
解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • -
  • -
都民の私有財産であるお金を自分の好きなように使う自由を担保すべき
その貴重な私有財産から頂戴する税金については使途及び目的について厳しく監視をしていくことが行政の責務である。財源は無限ではないため常に一つ一つの事業を検証し税金の無駄遣い、不正・癒着・天下りを防ぎ財政健全化を維持する努力を続けるべき。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 17.教育政策
  • - 16子育て支援
  • -
子どもの権利条約に則し、いじめ・虐待などあらゆる暴力から子どもの人権を守ることを最優先とします。もって、基礎自治体の抱える公教育の在り方を常に問うていきます。また、子どもたちが安心・安全・自由に児童福祉施設及び教育現場、地域、家庭で過ごせるための子育て支援を講じていきます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 31.議会改革
  • -
  • -
知事と議会は二元代表制の下、車の両輪として機能していくものである。都民益の具現化に向け、議会サイドにおいては、自ら襟元を質し、一人ひとりの議員の発言権を担保し、議事録も残さない密室で行われる議会運営理事会など議会運営そのものを改めるべき。このように醸成された特権意識を撤廃すべく議員公用車も廃止へ。
期限
数値目標
予算
財源