MANIFESTO SWITCH ON!

田頭ゆう子

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 小金井市
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 税財政・財政再建
産業政策 労働
社会資本整備 環境・エネルギー
教育・子育て 行政・議会改革
農林漁業 安全・防災・震災復興

基本的な考え

政治家を志した理由 生活者ネットワークでは、議員は地域の声を伝えるパイプ役という位置づけ。誰か力のある人だけに任せるのではなく、誰もがまちづくりの主体となり地域から政策提案し、課題を解決しようという政治スタイルに共感した。市民活動の現場だけでは解決できない課題を、議員として議会からも支援したいと考えた。
地域のありたい姿 「焚火を囲み多世代が交流し、子どもの声が響くまち」を実現したい。「お互いさま」と言いあえる助け合いのまちづくりには、地域の中で知り合いになれる居場所が必要。地域の縁がわの様な居場所や子どもの自由な遊び場を、地域に暮らす人々がオトナも子どもも学びあいながらカタチにしていく、自治するまちをめざしたい。
解決したい課題 元気な高齢者を増やす事と、子育て世代に選ばれる街であることが自治体運営のカギ。介護保険を使う前からの高齢者の外出の機会や仲間づくりを支援し、地域での活躍の場を増やす。また多摩26市で最低ランクの子どもにかける予算を、教育費の無償化に向けた取り組みや、学校の雨漏り対策など教育環境の充実にも向けたい。
政治家を志した理由 生活者ネットワークでは、議員は地域の声を伝えるパイプ役という位置づけ。誰か力のある人だけに任せるのではなく、誰もがまちづくりの主体となり地域から政策提案し、課題を解決しようという政治スタイルに共感した。市民活動の現場だけでは解決できない課題を、議員として議会からも支援したいと考えた。
日本のめざすべき将来像 「焚火を囲み多世代が交流し、子どもの声が響くまち」を実現したい。「お互いさま」と言いあえる助け合いのまちづくりには、地域の中で知り合いになれる居場所が必要。地域の縁がわの様な居場所や子どもの自由な遊び場を、地域に暮らす人々がオトナも子どもも学びあいながらカタチにしていく、自治するまちをめざしたい。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 元気な高齢者を増やす事と、子育て世代に選ばれる街であることが自治体運営のカギ。介護保険を使う前からの高齢者の外出の機会や仲間づくりを支援し、地域での活躍の場を増やす。また多摩26市で最低ランクの子どもにかける予算を、教育費の無償化に向けた取り組みや、学校の雨漏り対策など教育環境の充実にも向けたい。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
  • - 2.介護支援
子育て・介護の社会化。教育環境の充実。
子どもの自然体験、野外遊びを重視。地域での野外保育園、幼稚園の取組も実態調査し、広報、情報交換、相談等連携支援。
また学校給食の無償化、就学援助の充実など、全ての子どもに格差のない教育機会を。
在宅で安心して暮らすための、緊急通報ブザー、配食サービスの充実。
解決するための重要政策(2)
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • - 45.市民参画・協働
  • -
・地域の中で、誰も一人ぼっちにしないまちづくり。
不登校、ひきこもりなど、制度の狭間にある人の相談窓口、自分らしくいられる居場所作りを行う。そのための仕組みつくりも、当事者も含む市民参加で行う。
市民協働による事業契約は、対等性、平等性を確保し、より事業効果が得られるように協働契約の仕組みを作る。
解決するための重要政策(3)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 14.緑化・公園整備
  • - 16子育て支援
・農地や緑地を保全し、地下水を水道水として飲み続けるまち。
・ハケや野川、武蔵野公園の自然と景観を守る。
・玉川上水はサクラだけでなく、生物多様性の観点で生き物、緑の共生をはかる。
・農家と連携して、農地や空き地での共生型福祉施設の導入を進めたい。障がい者の就労の場としての農地の検討も進めたい。
解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
  • - 2.介護支援
子育て・介護の社会化。教育環境の充実。
子どもの自然体験、野外遊びを重視。地域での野外保育園、幼稚園の取組も実態調査し、広報、情報交換、相談等連携支援。
また学校給食の無償化、就学援助の充実など、全ての子どもに格差のない教育機会を。
在宅で安心して暮らすための、緊急通報ブザー、配食サービスの充実。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • - 45.市民参画・協働
  • -
・地域の中で、誰も一人ぼっちにしないまちづくり。
不登校、ひきこもりなど、制度の狭間にある人の相談窓口、自分らしくいられる居場所作りを行う。そのための仕組みつくりも、当事者も含む市民参加で行う。
市民協働による事業契約は、対等性、平等性を確保し、より事業効果が得られるように協働契約の仕組みを作る。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 14.緑化・公園整備
  • - 16子育て支援
・農地や緑地を保全し、地下水を水道水として飲み続けるまち。
・ハケや野川、武蔵野公園の自然と景観を守る。
・玉川上水はサクラだけでなく、生物多様性の観点で生き物、緑の共生をはかる。
・農家と連携して、農地や空き地での共生型福祉施設の導入を進めたい。障がい者の就労の場としての農地の検討も進めたい。
期限
数値目標
予算
財源