基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 5 労働 5
社会資本整備 5 環境・エネルギー 10
教育・子育て 20 行政・議会改革 20
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 私は政治家を志しているつもりはありません。生まれ育った町がもっと良くなるよう働きたいだけです。市長や議員がちゃんとやってくれてると思ったら、なんと「財政難」。子育て支援22.5億円、高齢者支援5.5億円、たったこれだけ。400億円もの税金はどこに消えていくのか。もう任せてはおけません。
地域のありたい姿 税金は市民サービスが最優先です。今は、余った予算で市民サービスをし、予算が減ると真っ先に削られるます。これでは、税金の払いがいがありません。若い人が安心して子どもを産めて、高齢者が安心して老後が暮らせる。いろんな人がバランス良く行きていける、これが理想です。税金はそのために使うものです。
解決したい課題 少子化対策。誰もが子どもが産みたくないわけではなく、産める環境がないだけ。地域にとって子は宝。海老名に住んだら安心して子どもが産めて育てられる町にしたい。高齢者対策。誰でも老いは来ます。老後ぐらく何も心配しなくていいようにするのが自治体の努めです。誰もが税金の払いがいのある海老名市にします。
政治家を志した理由 私は政治家を志しているつもりはありません。生まれ育った町がもっと良くなるよう働きたいだけです。市長や議員がちゃんとやってくれてると思ったら、なんと「財政難」。子育て支援22.5億円、高齢者支援5.5億円、たったこれだけ。400億円もの税金はどこに消えていくのか。もう任せてはおけません。
日本のめざすべき将来像 税金は市民サービスが最優先です。今は、余った予算で市民サービスをし、予算が減ると真っ先に削られるます。これでは、税金の払いがいがありません。若い人が安心して子どもを産めて、高齢者が安心して老後が暮らせる。いろんな人がバランス良く行きていける、これが理想です。税金はそのために使うものです。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 少子化対策。誰もが子どもが産みたくないわけではなく、産める環境がないだけ。地域にとって子は宝。海老名に住んだら安心して子どもが産めて育てられる町にしたい。高齢者対策。誰でも老いは来ます。老後ぐらく何も心配しなくていいようにするのが自治体の努めです。誰もが税金の払いがいのある海老名市にします。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
子どもを産みたくても産めない、育てられない若い家族の経済的負担を少しでも軽くします。また、働く親の為に、病気になった子どもの預かりを充実させます。
・義務教育の給食費や教材費を無料に(4年以内)
・病後児保育の拡充(2年以内) 
解決するための重要政策(2)
  • - 2.介護支援
  • -
  • -
老後の不安はなんと言っても介護問題。高齢者が安心して暮らせるまちにします。
・介護サービス中心に助成を拡大し、高齢者支援の予算を10億円に(4年以内)
・安価で誰でも入所できる介護付グループホームの建設運営(4年以内)
解決するための重要政策(3)
  • - 47.女性政策
  • -
  • -
女性が結婚制度に頼らなくても生きていける支援が必要です。また、災害時に、トイレや着替えなどで不安を感じなくて済むようにします。
・シングルマザーの就職支援のために市役所の助成採用枠を拡大(2年以内)
・災害時の避難場所で女性が安心できるように女性防災リーダー養成講座開催(2年以内)
解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • -
  • -
子どもを産みたくても産めない、育てられない若い家族の経済的負担を少しでも軽くします。また、働く親の為に、病気になった子どもの預かりを充実させます。
・義務教育の給食費や教材費を無料に(4年以内)
・病後児保育の拡充(2年以内) 
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 2.介護支援
  • -
  • -
老後の不安はなんと言っても介護問題。高齢者が安心して暮らせるまちにします。
・介護サービス中心に助成を拡大し、高齢者支援の予算を10億円に(4年以内)
・安価で誰でも入所できる介護付グループホームの建設運営(4年以内)
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 47.女性政策
  • -
  • -
女性が結婚制度に頼らなくても生きていける支援が必要です。また、災害時に、トイレや着替えなどで不安を感じなくて済むようにします。
・シングルマザーの就職支援のために市役所の助成採用枠を拡大(2年以内)
・災害時の避難場所で女性が安心できるように女性防災リーダー養成講座開催(2年以内)
期限
数値目標
予算
財源