基本データ

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の選挙区 杉並区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 税財政・財政再建
産業政策 労働
社会資本整備 環境・エネルギー
教育・子育て 行政・議会改革
農林漁業 安全・防災・震災復興

基本的な考え

政治家を志した理由 一人一人の努力では解決できない課題、民間にいたのではできないまちづくりに東京の力を活用したかったから
地域のありたい姿 子供にもお年寄りにも障害のある人にも、安全で安心して暮らせる人にやさしいまち
解決したい課題 バリアフリーや防災の観点から無電柱化を推進し、お年寄りがいつまでも元気で住み慣れた地域に暮らし続けるために、長生きすれば誰でも認知症になる可能性が指摘される時代を迎える中でその対処策を講じたい。また、待機児童対策の新たな視点として働き方改革を特に中小企業で推し進める必要がある。
政治家を志した理由 一人一人の努力では解決できない課題、民間にいたのではできないまちづくりに東京の力を活用したかったから
日本のめざすべき将来像 子供にもお年寄りにも障害のある人にも、安全で安心して暮らせる人にやさしいまち
日本の現状認識
日本の解決したい課題 バリアフリーや防災の観点から無電柱化を推進し、お年寄りがいつまでも元気で住み慣れた地域に暮らし続けるために、長生きすれば誰でも認知症になる可能性が指摘される時代を迎える中でその対処策を講じたい。また、待機児童対策の新たな視点として働き方改革を特に中小企業で推し進める必要がある。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 33.防災対策
  • - 37.景観保護
  • - 39.中心市街地活性化
バリアフリー、防災、まちの活性化の観点から、無電柱化を推進し、これまで阿佐谷の中杉通りにおいて実現した。今後は区市町村道などの狭い道、商店街や住宅街の中で無電柱化を進めるために、都が財政面、技術面で区市町村の無電柱化を支援する。
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • - 2.介護支援
  • -
超高齢社会を迎える中で課題となる認知症対策について、都が身近な場所に設置した認知症疾患医療センターと、区が高齢者の相談窓口として置く地域包括支援センターや、かかりつけ医、ケアマネや家族会などとの連携が認知症の早期発見と診断に重要。また、社会に対して認知症に対する理解と普及啓発に努める。
解決するための重要政策(3)
  • - 15.少子化対策
  • - 37.景観保護
  • - 5.中小企業政策
待機児童対策には施設を作るための補助や、保育士の処遇改善といった確保策に努めて来たが、今後は更に都内事業所の99%を占める中小企業への働き方改革を都が支援することが必要。働きながら子供を産み育てやすい環境の整備を進める。
解決するための重要政策(1)
  • - 33.防災対策
  • - 37.景観保護
  • - 39.中心市街地活性化
バリアフリー、防災、まちの活性化の観点から、無電柱化を推進し、これまで阿佐谷の中杉通りにおいて実現した。今後は区市町村道などの狭い道、商店街や住宅街の中で無電柱化を進めるために、都が財政面、技術面で区市町村の無電柱化を支援する。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • - 2.介護支援
  • -
超高齢社会を迎える中で課題となる認知症対策について、都が身近な場所に設置した認知症疾患医療センターと、区が高齢者の相談窓口として置く地域包括支援センターや、かかりつけ医、ケアマネや家族会などとの連携が認知症の早期発見と診断に重要。また、社会に対して認知症に対する理解と普及啓発に努める。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 15.少子化対策
  • - 37.景観保護
  • - 5.中小企業政策
待機児童対策には施設を作るための補助や、保育士の処遇改善といった確保策に努めて来たが、今後は更に都内事業所の99%を占める中小企業への働き方改革を都が支援することが必要。働きながら子供を産み育てやすい環境の整備を進める。
期限
数値目標
予算
財源