基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 0 税財政・財政再建 20
産業政策 10 労働 0
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 20 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 1.地方政治の基本は二元代表制である。その内容が緊張を生み、よりよい政治となることが市民にとって重要。そのための努力をしてみたい。
2.会社務めでの経験、農業での経験をフルに地方政治に生かしてみたい。とくに農業の経験者が少なく、施策の具体化や提言をしたい。
地域のありたい姿 海老名市は街の発展と同時に農地等の自然環境が減少していくことにより、人々の絆が薄れていく。大谷地区は比較的団結の強い方だが、この姿を残すことで、災害発生の連絡・処置等がはかどるし相互扶助の基本となる。その土台が子供をも育てやすい環境につながると考えている。
解決したい課題 農業の再生は日本全体の課題であるが、都市近郊の農業での生き残りの取組みも必要であるし、農地の規模の縮小による自然環境の減少も顕著である。これが1つの課題である。一方で、市財政はほどほどに良いが、これからの少子高齢化の時期における公共施設サービス費、保守費用の増加が危惧され、財政規律は重要課題となる。
政治家を志した理由 1.地方政治の基本は二元代表制である。その内容が緊張を生み、よりよい政治となることが市民にとって重要。そのための努力をしてみたい。
2.会社務めでの経験、農業での経験をフルに地方政治に生かしてみたい。とくに農業の経験者が少なく、施策の具体化や提言をしたい。
日本のめざすべき将来像 海老名市は街の発展と同時に農地等の自然環境が減少していくことにより、人々の絆が薄れていく。大谷地区は比較的団結の強い方だが、この姿を残すことで、災害発生の連絡・処置等がはかどるし相互扶助の基本となる。その土台が子供をも育てやすい環境につながると考えている。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 農業の再生は日本全体の課題であるが、都市近郊の農業での生き残りの取組みも必要であるし、農地の規模の縮小による自然環境の減少も顕著である。これが1つの課題である。一方で、市財政はほどほどに良いが、これからの少子高齢化の時期における公共施設サービス費、保守費用の増加が危惧され、財政規律は重要課題となる。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 18.農業政策
  • - 21.財政再建
農地・自然環境の保存
計画的な街づくりプランの中でのバランスのとれた開発と残すべき自然の両立を目指すべきで、高齢化と少子化での人口減少は避けられず、開発の適正規模化が必要。
解決するための重要政策(2)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 18.農業政策
  • - 21.財政再建
農業の再生 国が進めている規模拡大、農地管理中間機構の制度でなく、海老名に合う適正規模化、農地使用賃借等の施策と機械化やIT化の融合推進を図る。農業の担い手の育成としてのベテラン農家からの指導、教育制度(熟練者の技能継承)等の充実。
解決するための重要政策(3)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 18.農業政策
  • - 21.財政再建
財政状況 既存公共施設の統廃合の計画化と推進による費用の抑制と最低必要限の新規施設化。計画的な長期保守作業の策定及び基金財源の確保による費用の確保。
解決するための重要政策(1)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 18.農業政策
  • - 21.財政再建
農地・自然環境の保存
計画的な街づくりプランの中でのバランスのとれた開発と残すべき自然の両立を目指すべきで、高齢化と少子化での人口減少は避けられず、開発の適正規模化が必要。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 18.農業政策
  • - 21.財政再建
農業の再生 国が進めている規模拡大、農地管理中間機構の制度でなく、海老名に合う適正規模化、農地使用賃借等の施策と機械化やIT化の融合推進を図る。農業の担い手の育成としてのベテラン農家からの指導、教育制度(熟練者の技能継承)等の充実。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 18.農業政策
  • - 21.財政再建
財政状況 既存公共施設の統廃合の計画化と推進による費用の抑制と最低必要限の新規施設化。計画的な長期保守作業の策定及び基金財源の確保による費用の確保。
期限
数値目標
予算
財源