基本データ

マニフェスト種別 都道府県議会議員マニフェスト
対象の選挙区 名護市区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 5
産業政策 20 労働 10
社会資本整備 5 環境・エネルギー 10
教育・子育て 20 行政・議会改革 5
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 5

基本的な考え

政治家を志した理由 辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせないという公約は、いまやオール沖縄の取り組みとなっております。その先頭に立って奮闘している名護市長をはじめ与党など多くの関係者からオール名護の統一候補としての出馬要請を受け、今度は県政の立場から基地問題や沖縄の発展に取組む決意をした。
地域のありたい姿 名護市は沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれる山紫水明にして地域のつながりを大切にする「ゆいまーる」の心と伝統文化が息づくまちです。それらの自然や文化を継承・発展させるため人材育成に力を入れ、住民企業、行政や学術機関が一体となって豊かな生活環境づくりに取り組むまち。
解決したい課題 沖縄の解決すべき基地問題の中でも、普天間飛行場はただちに閉鎖し返還されるべきであるが県内移設はあってはならず、辺野古新基地には断固判定であり、海兵隊兵士の国外への移動に伴って国外へ移設すべきである。
政治家を志した理由 辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせないという公約は、いまやオール沖縄の取り組みとなっております。その先頭に立って奮闘している名護市長をはじめ与党など多くの関係者からオール名護の統一候補としての出馬要請を受け、今度は県政の立場から基地問題や沖縄の発展に取組む決意をした。
日本のめざすべき将来像 名護市は沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれる山紫水明にして地域のつながりを大切にする「ゆいまーる」の心と伝統文化が息づくまちです。それらの自然や文化を継承・発展させるため人材育成に力を入れ、住民企業、行政や学術機関が一体となって豊かな生活環境づくりに取り組むまち。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 沖縄の解決すべき基地問題の中でも、普天間飛行場はただちに閉鎖し返還されるべきであるが県内移設はあってはならず、辺野古新基地には断固判定であり、海兵隊兵士の国外への移動に伴って国外へ移設すべきである。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 49.外交・安全保障
  • - 25.環境保全・保護
  • - 48.憲法
東アジアの安全保障については歴史認識の歩み寄りもふくめ対話による平和な社会を築くべきであり、軍事の増強やそれによる環境破壊があってはならず、ましてや戦闘に参加する為の憲法改正・9条の破棄は許されない。辺野古の新基地には断固反対する。
解決するための重要政策(2)
  • - 23.雇用創出
  • - 22.企業誘致
  • - 8.鉄道整備
東アジア20億人の巨大マーケット中心にある優位性を活かし「アジアのフロント沖縄」の実現に取り組み、航空関連産業や名護市の「経済金融活性化特区」を活用など企業誘致を行うとともに、鉄道の整備によりアジア−空港−県内各地を結び、圏域のバランスある発展を実現する。
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • - 5.中小企業政策
今、子どもの貧困が改善へと向かうには社会で複雑に関わりあっている問題を体型的に捉えて、適格な人材と予算によって、一歩づつ前進する必要がある。子どもが夢のもてる教育・福祉政策を行うとともに、県・国の事業を活用し地元中小企業の支援や働く若者への支援を行い、そしてそれを地域協力し取り組むコミュニティをつくります。
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト親川敬さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)
解決するための重要政策(1)
  • - 49.外交・安全保障
  • - 25.環境保全・保護
  • - 48.憲法
東アジアの安全保障については歴史認識の歩み寄りもふくめ対話による平和な社会を築くべきであり、軍事の増強やそれによる環境破壊があってはならず、ましてや戦闘に参加する為の憲法改正・9条の破棄は許されない。辺野古の新基地には断固反対する。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 23.雇用創出
  • - 22.企業誘致
  • - 8.鉄道整備
東アジア20億人の巨大マーケット中心にある優位性を活かし「アジアのフロント沖縄」の実現に取り組み、航空関連産業や名護市の「経済金融活性化特区」を活用など企業誘致を行うとともに、鉄道の整備によりアジア−空港−県内各地を結び、圏域のバランスある発展を実現する。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 16子育て支援
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • - 5.中小企業政策
今、子どもの貧困が改善へと向かうには社会で複雑に関わりあっている問題を体型的に捉えて、適格な人材と予算によって、一歩づつ前進する必要がある。子どもが夢のもてる教育・福祉政策を行うとともに、県・国の事業を活用し地元中小企業の支援や働く若者への支援を行い、そしてそれを地域協力し取り組むコミュニティをつくります。
期限
数値目標
予算
財源
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト親川敬さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)