基本データ

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 5 税財政・財政再建 5
産業政策 10 労働 5
社会資本整備 15 環境・エネルギー 5
教育・子育て 35 行政・議会改革 10
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 5

基本的な考え

政治家を志した理由 2012年に世界ニューキャッスルアライアンス会議に参加し、日本と海外の若者の「自分のまちへの意識・関心の違い」に衝撃を受け、新城市の未来に対する不安からボランティア団体を立ち上げ、行政と共にまちづくりに励みました。その活動を通して、今以上に地域を活性化していける仕事をしたいと思ったからです。
地域のありたい姿 新城市が「一生暮らしたいまち」だと思える地域にしていきたいです。新城で生まれ、新城で育ち、新城で働き・子育てをする。そんな当たり前のことをこれから先の何十年、何百年後も継続していけるまちにしたいです。その土地に根付いた暮らしの中で一生を幸せに終えられるまちにすることを目指しています。
解決したい課題 現状最も深刻な課題を「少子高齢化」だと考えています。単に人口が減少するだけではなく、高齢化が進む中で様々な課題が生まれています。少子化に伴う教育施設の減少や老朽化への対応不足、高齢化に伴う交通インフラに対するニーズの変化、医療福祉体制への不安増加等、多くの課題が顕著化しています。
政治家を志した理由 2012年に世界ニューキャッスルアライアンス会議に参加し、日本と海外の若者の「自分のまちへの意識・関心の違い」に衝撃を受け、新城市の未来に対する不安からボランティア団体を立ち上げ、行政と共にまちづくりに励みました。その活動を通して、今以上に地域を活性化していける仕事をしたいと思ったからです。
日本のめざすべき将来像 新城市が「一生暮らしたいまち」だと思える地域にしていきたいです。新城で生まれ、新城で育ち、新城で働き・子育てをする。そんな当たり前のことをこれから先の何十年、何百年後も継続していけるまちにしたいです。その土地に根付いた暮らしの中で一生を幸せに終えられるまちにすることを目指しています。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 現状最も深刻な課題を「少子高齢化」だと考えています。単に人口が減少するだけではなく、高齢化が進む中で様々な課題が生まれています。少子化に伴う教育施設の減少や老朽化への対応不足、高齢化に伴う交通インフラに対するニーズの変化、医療福祉体制への不安増加等、多くの課題が顕著化しています。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 15.少子化対策
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
少子化への対策として、出産に対する助成制度の拡充、子育て支援策の充実を目指します。また、子育て環境がより豊かなものとなるようにこども園・小学校・中学校と市が所管する子育て・教育施設の老朽化対策、環境改善に取り組んでいきます。限られた予算の中で最大の効果を出すための優先順位付け・取捨選択が必要です。
解決するための重要政策(2)
  • - 8.鉄道整備
  • - 7.道路網整備
  • - 2.介護支援
高齢者の交通手段を確保するためのSバス路線の見直し、タクシーチケットの改良、オンデマンド方式の導入を目指します。また、日常生活における道路網の利便性向上・渋滞緩和のために151号一宮バイパスの早期全線開通、豊川新城線の改良にも力を注ぎ、国や県と連携しながら円滑な道路事業の推進に努めていきます。
解決するための重要政策(3)
  • - 12.通信施設整備
  • - 30.行政改革
  • - 32.情報公開・広報広聴
ITを活用したまちづくりの推進によって、行政の業務改革、便利で効率的な住みやすいまちづくりを目指します。市内の各種施設へのwifi環境充実や5G通信、ドローンといった最新技術を活用したサービスの導入に取り組み、田舎であっても便利で付加価値のある生活を送ることが出来る環境を整えていきます。
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト竹下修平さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)
解決するための重要政策(1)
  • - 15.少子化対策
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
少子化への対策として、出産に対する助成制度の拡充、子育て支援策の充実を目指します。また、子育て環境がより豊かなものとなるようにこども園・小学校・中学校と市が所管する子育て・教育施設の老朽化対策、環境改善に取り組んでいきます。限られた予算の中で最大の効果を出すための優先順位付け・取捨選択が必要です。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 8.鉄道整備
  • - 7.道路網整備
  • - 2.介護支援
高齢者の交通手段を確保するためのSバス路線の見直し、タクシーチケットの改良、オンデマンド方式の導入を目指します。また、日常生活における道路網の利便性向上・渋滞緩和のために151号一宮バイパスの早期全線開通、豊川新城線の改良にも力を注ぎ、国や県と連携しながら円滑な道路事業の推進に努めていきます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 12.通信施設整備
  • - 30.行政改革
  • - 32.情報公開・広報広聴
ITを活用したまちづくりの推進によって、行政の業務改革、便利で効率的な住みやすいまちづくりを目指します。市内の各種施設へのwifi環境充実や5G通信、ドローンといった最新技術を活用したサービスの導入に取り組み、田舎であっても便利で付加価値のある生活を送ることが出来る環境を整えていきます。
期限
数値目標
予算
財源
一覧表に戻るマニフェストスイッチプロジェクト竹下修平さんの政策の詳細を見る(URLを登録いただいた場合のみ)