MANIFESTO SWITCH ON!

鈴木 しげお

マニフェスト種別 市議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 小金井市
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 35 税財政・財政再建 0
産業政策 0 労働 0
社会資本整備 0 環境・エネルギー 0
教育・子育て 30 行政・議会改革 0
農林漁業 0 安全・防災・震災復興 35

基本的な考え

政治家を志した理由 23歳で入団し16年間(うち4年間は分団長)活動した消防団での経験から見える地域防災の課題、知的障がいがある次男を持つ父親として、本市の障がい福祉・子どもの発達支援施策の課題に向き合ううち、それぞれの当事者の切実なニーズを市の施策に反映させるべく立候補を決意しました。
地域のありたい姿 大災害発生時に高齢者や障がい者など、支援や配慮が必要な市民を見逃さないまちづくりを目指し、隣近所の助けあい=「近助」が実践できる地域を作ることで、支援が必要ない市民も暮らしやすい地域づくりを実現したいと考えています。
解決したい課題 大災害時の避難に支援が必要な市民が2,481人いる中で、支援に必要な個別支援プラン作成者数が38名に留まっていること。避難所となる小中学校に必要な避難所運営協議会が設置されていないこと。小中学校が地域コミュニティーの中心になれていないこと。障がい者就労支援部門の人員体制の拡充が課題と感じています。
政治家を志した理由 23歳で入団し16年間(うち4年間は分団長)活動した消防団での経験から見える地域防災の課題、知的障がいがある次男を持つ父親として、本市の障がい福祉・子どもの発達支援施策の課題に向き合ううち、それぞれの当事者の切実なニーズを市の施策に反映させるべく立候補を決意しました。
日本のめざすべき将来像 大災害発生時に高齢者や障がい者など、支援や配慮が必要な市民を見逃さないまちづくりを目指し、隣近所の助けあい=「近助」が実践できる地域を作ることで、支援が必要ない市民も暮らしやすい地域づくりを実現したいと考えています。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 大災害時の避難に支援が必要な市民が2,481人いる中で、支援に必要な個別支援プラン作成者数が38名に留まっていること。避難所となる小中学校に必要な避難所運営協議会が設置されていないこと。小中学校が地域コミュニティーの中心になれていないこと。障がい者就労支援部門の人員体制の拡充が課題と感じています。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • -
  • -
避難行動要支援者支援事業推進のため、現在の地域包括支援センター機能を拡充し、市民生活全般の支援拠点にすること。防災コミュニティー構築のため、学校を中心として避難所運営協議会設置をモデル事業化し協議会設置を支援します。
解決するための重要政策(2)
  • - 51.その他
  • -
  • -
障がい者差別解消方が施行された現在、「重点政策」に障がい福祉、社会保障が選択肢に含まれていないことに驚いています。子どもの発達支援事業、学校教育の中で合理的配慮が必要な子どもたちの支援について、当事者である子どもを中心に福祉と教育分野の壁を取り払います。
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
解決するための重要政策(1)
  • - 38.地域コミュニティづくり
  • -
  • -
避難行動要支援者支援事業推進のため、現在の地域包括支援センター機能を拡充し、市民生活全般の支援拠点にすること。防災コミュニティー構築のため、学校を中心として避難所運営協議会設置をモデル事業化し協議会設置を支援します。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 51.その他
  • -
  • -
障がい者差別解消方が施行された現在、「重点政策」に障がい福祉、社会保障が選択肢に含まれていないことに驚いています。子どもの発達支援事業、学校教育の中で合理的配慮が必要な子どもたちの支援について、当事者である子どもを中心に福祉と教育分野の壁を取り払います。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • -
  • -
  • -
期限
数値目標
予算
財源