基本データ

マニフェスト種別 都道府県知事マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 10 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 10
社会資本整備 10 環境・エネルギー 10
教育・子育て 10 行政・議会改革 10
農林漁業 10 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 県民のため、沖縄が一番こそが私の思いです。
豊かで明るい沖縄をともに築いていこうではありませんか。
地域のありたい姿 私は「県民の暮らしが最優先」と捉え、所得の大幅アップで豊かさを実感してもらうとともに、安全安心な県民生活を両立させて参りたい。
今後の沖縄のいっそうの成長は、再びアジアの架け橋となり得るかにかかっています。そうすることで、私たちの沖縄は、豊かな暮らしやダイナミックで力強い経済をつかむことができます。
解決したい課題 沖縄の経済は、いまかつてないほど好調と言われています。しかしながら、沖縄の現状をつぶさに見ていくと、まだまだ決して十分とは言えないことに皆さんもお気づきだと思います。
1人あたりの県民所得や若者の正規雇用率、子どもの貧困率、そして学力。いずれをとっても沖縄は全国最下位です。これが沖縄の現実です。
政治家を志した理由 県民のため、沖縄が一番こそが私の思いです。
豊かで明るい沖縄をともに築いていこうではありませんか。
日本のめざすべき将来像 私は「県民の暮らしが最優先」と捉え、所得の大幅アップで豊かさを実感してもらうとともに、安全安心な県民生活を両立させて参りたい。
今後の沖縄のいっそうの成長は、再びアジアの架け橋となり得るかにかかっています。そうすることで、私たちの沖縄は、豊かな暮らしやダイナミックで力強い経済をつかむことができます。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 沖縄の経済は、いまかつてないほど好調と言われています。しかしながら、沖縄の現状をつぶさに見ていくと、まだまだ決して十分とは言えないことに皆さんもお気づきだと思います。
1人あたりの県民所得や若者の正規雇用率、子どもの貧困率、そして学力。いずれをとっても沖縄は全国最下位です。これが沖縄の現実です。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
  • -
1人あたりの県民の所得を300万円まで引き上げ、子どもの貧困の撲滅を目指します。
子どもの保育・給食費・医療費の無償化を目指すとともに、 しっかり実現していかなければなりません。
学力日本一を目指し、日本中がうらやむような、「子育て・教育王国おきなわ」を実現します。
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • -
  • -
医療は命をつなぐ平和の象徴でもあります。
基地の島・沖縄から医療の拠点・おきなわとするため、最先端の医療センターを設置する構想を進め、北部には地元負担なしで基幹病院を整備、地域による医療格差是正を実現します。
高齢者や障がい者、若者、女性と、すべての県民が安心して暮らし、働けるような環境を整えます。
解決するための重要政策(3)
  • - 49.外交・安全保障
  • - 51.その他
  • -
県民の悲願である基地負担の軽減や日米地位協定の改定を、私は政府と対等な立場で、一日も早い普天間飛行場の返還を実現し、日米地位協定の改定を具体的に求めていきます。
そして、これまでに止まったままになっている米軍基地の返還計画を着実に前に進め、ダイナミックかつ具体的に基地の跡地利用を推し進めて参ります。
解決するための重要政策(1)
  • - 16子育て支援
  • - 17.教育政策
  • -
1人あたりの県民の所得を300万円まで引き上げ、子どもの貧困の撲滅を目指します。
子どもの保育・給食費・医療費の無償化を目指すとともに、 しっかり実現していかなければなりません。
学力日本一を目指し、日本中がうらやむような、「子育て・教育王国おきなわ」を実現します。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 1.医療政策
  • -
  • -
医療は命をつなぐ平和の象徴でもあります。
基地の島・沖縄から医療の拠点・おきなわとするため、最先端の医療センターを設置する構想を進め、北部には地元負担なしで基幹病院を整備、地域による医療格差是正を実現します。
高齢者や障がい者、若者、女性と、すべての県民が安心して暮らし、働けるような環境を整えます。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 49.外交・安全保障
  • - 51.その他
  • -
県民の悲願である基地負担の軽減や日米地位協定の改定を、私は政府と対等な立場で、一日も早い普天間飛行場の返還を実現し、日米地位協定の改定を具体的に求めていきます。
そして、これまでに止まったままになっている米軍基地の返還計画を着実に前に進め、ダイナミックかつ具体的に基地の跡地利用を推し進めて参ります。
期限
数値目標
予算
財源