基本データ

マニフェスト種別 区長マニフェスト
対象の選挙区
詳細ファイル 2015taitoku_hattori.pdf [ 1.1MiB ]
当選後の検証
オープンデータ化

政策注力分野

社会保障 0 税財政・財政再建 0
産業政策 0 労働 0
社会資本整備 0 環境・エネルギー 0
教育・子育て 0 行政・議会改革 0
農林漁業 0 安全・防災・震災復興 0

基本的な考え

政治家を志した理由 これまで地方議会一筋、地域のために全力で働いてきた台東区議、東京都議の経験と実績を最大限に活かし、台東区政の“舵取り役”として、台東新時代を築いてまいります。【経歴】東京都議会議員5期、台東区議5期(区議会議長)、国会議員(山田久就)秘書/日本大学卒業
地域のありたい姿 人情豊かな「歴史と文化のまち」台東区は今、新しい時代を迎えようとしています。東京オリンピック・パラリンピック大会まであと5年。まず、温もりのある観光地として、国内外から来る大勢の皆さんを「おもてなし」できるまちづくりを早急にスタートさせます。
解決したい課題 一方で、地域産業や商店街支援へのてこ入れをはじめ、区政の課題が山積しています。それらの解決を図るには、国や東京都、近隣地域との連携が不可欠です。
政治家を志した理由 これまで地方議会一筋、地域のために全力で働いてきた台東区議、東京都議の経験と実績を最大限に活かし、台東区政の“舵取り役”として、台東新時代を築いてまいります。【経歴】東京都議会議員5期、台東区議5期(区議会議長)、国会議員(山田久就)秘書/日本大学卒業
日本のめざすべき将来像 人情豊かな「歴史と文化のまち」台東区は今、新しい時代を迎えようとしています。東京オリンピック・パラリンピック大会まであと5年。まず、温もりのある観光地として、国内外から来る大勢の皆さんを「おもてなし」できるまちづくりを早急にスタートさせます。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 一方で、地域産業や商店街支援へのてこ入れをはじめ、区政の課題が山積しています。それらの解決を図るには、国や東京都、近隣地域との連携が不可欠です。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 5.中小企業政策
  • - 39.中心市街地活性化
  • -
1.地域産業と商店街の振興でまちの活性化
●都の中小振興公社と連携し、知的財産、海外展開、助成金、販路開拓などの事業を展開。
●女性・若者の創業支援、就労支援の拡充。
●「新・元気を出せ!商店街事業」をはじめ、広域支援型商店街事業、環境対応型商店街活性化事業など都事業、国事業を積極的に活用。
解決するための重要政策(2)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 14.緑化・公園整備
  • - 33.防災対策
2.安全・安心の防災とバリアフリーのまちづくり
●区民の暮らし・歴史文化資源と防災機能充実を両立するまちづくり。
●谷中不燃化特区の早期完成。
●無電柱化とバリアフリー施策を推進。
●環境重視のまちづくり。
●花とみどりのうるおいのある安全な歩行者空間の創出。
●浅草の観光バス駐車場対策を推進。
解決するための重要政策(3)
  • - 1.医療政策
  • - 2.介護支援
  • -
3.やさしさと人情が通う福祉の充実
●高齢者の元気づくりを支援。
●介護・認知症対策の推進。
●地域ぐるみで保育サービス、子育て支援を拡充。
●障害者のための地域社会ネットワークを整備。
●高齢者向け医療・介護連携型の住宅を建設。
解決するための重要政策(1)
  • - 5.中小企業政策
  • - 39.中心市街地活性化
  • -
1.地域産業と商店街の振興でまちの活性化
●都の中小振興公社と連携し、知的財産、海外展開、助成金、販路開拓などの事業を展開。
●女性・若者の創業支援、就労支援の拡充。
●「新・元気を出せ!商店街事業」をはじめ、広域支援型商店街事業、環境対応型商店街活性化事業など都事業、国事業を積極的に活用。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 25.環境保全・保護
  • - 14.緑化・公園整備
  • - 33.防災対策
2.安全・安心の防災とバリアフリーのまちづくり
●区民の暮らし・歴史文化資源と防災機能充実を両立するまちづくり。
●谷中不燃化特区の早期完成。
●無電柱化とバリアフリー施策を推進。
●環境重視のまちづくり。
●花とみどりのうるおいのある安全な歩行者空間の創出。
●浅草の観光バス駐車場対策を推進。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 1.医療政策
  • - 2.介護支援
  • -
3.やさしさと人情が通う福祉の充実
●高齢者の元気づくりを支援。
●介護・認知症対策の推進。
●地域ぐるみで保育サービス、子育て支援を拡充。
●障害者のための地域社会ネットワークを整備。
●高齢者向け医療・介護連携型の住宅を建設。
期限
数値目標
予算
財源