MANIFESTO SWITCH ON!

おぎの稔

マニフェスト種別 区議会議員マニフェスト
対象の都道府県 東京都
対象の自治体 大田区
対象の選挙区
詳細ファイル manifest_local.pdf [ 142KiB ]
当選後の検証 検証する
オープンデータ化 許可する

政策注力分野

社会保障 8 税財政・財政再建 10
産業政策 10 労働 10
社会資本整備 12 環境・エネルギー 8
教育・子育て 12 行政・議会改革 15
農林漁業 5 安全・防災・震災復興 10

基本的な考え

政治家を志した理由 家庭のトラブル、持病を抱えながら非正規雇用、障害者支援の場で働く中で、政治への関心は持っていたが、表現規制やネット規制の問題に関わり、議員や行政と折衝をして以降その関心は高くなった。
自身が政治に声を聞いていただいたように、今度は私が様々な困難を抱えた方の声を政治に届けていきたいと思い志望をした。
地域のありたい姿 様々なライフスタイル、個性を持った方、また、様々な困難を抱えた方、誰もが暮らしやすく働きやすい社会へ。
自由、寛容、多様性を重視し、他者との違いを受け入れながら、様々なことを協働し、作り上げていける大田区を目指したい。
解決したい課題 様々な課題に対する相談窓口があるが、電話や窓口対応のみ、時間も平日の9時から17時、18時に終わってしまう場合が多い。
これでは様々なライフスタイルや困難を抱えた方の声に対して適切な対応ができているとは言えなず、また、住宅地が増える中、新たな住民の暮らしのニーズへの対応が遅れている。
政治家を志した理由 家庭のトラブル、持病を抱えながら非正規雇用、障害者支援の場で働く中で、政治への関心は持っていたが、表現規制やネット規制の問題に関わり、議員や行政と折衝をして以降その関心は高くなった。
自身が政治に声を聞いていただいたように、今度は私が様々な困難を抱えた方の声を政治に届けていきたいと思い志望をした。
日本のめざすべき将来像 様々なライフスタイル、個性を持った方、また、様々な困難を抱えた方、誰もが暮らしやすく働きやすい社会へ。
自由、寛容、多様性を重視し、他者との違いを受け入れながら、様々なことを協働し、作り上げていける大田区を目指したい。
日本の現状認識
日本の解決したい課題 様々な課題に対する相談窓口があるが、電話や窓口対応のみ、時間も平日の9時から17時、18時に終わってしまう場合が多い。
これでは様々なライフスタイルや困難を抱えた方の声に対して適切な対応ができているとは言えなず、また、住宅地が増える中、新たな住民の暮らしのニーズへの対応が遅れている。

具体的な政策

解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • - 12.通信施設整備
  • - 13.公共施設マネジメント
平日の昼間と同じ体制とまではいかないが休日、夜間の相談窓口の拡充の為の職員配置や、様々な問題に対応するための専門家(士業)の配置。
メールやSNS等、ネットを介しての相談対応やよくある相談(Q&A)、具体的な対応先を大田区の該当相談窓口コーナーから見られるようにする。
解決するための重要政策(2)
  • - 12.通信施設整備
  • - 13.公共施設マネジメント
  • - 41.観光振興
無料wi-fi、スマホや携帯、PCの充電用の電源ソケットの拡充。
観光庁が外国人旅行者へ「日本滞在中にあると便利な情報」についてアンケートを取った所「無料Wi-Fi」が(47.9%)と一番多かった。
旅行者だけに限らずこの情報化社会ではネット環境やその機器の充電施設等の拡充は日常生活を送るうえで必要不可欠である。
解決するための重要政策(3)
  • - 31.議会改革
  • - 46.若者の政治参加
  • - 45.市民参画・協働
身を切る改革!
政務活動費の領収書のインターネット上での全面公開。費用弁償制度の廃止。
区議会議員の海外視察(親善訪問調査)の公費負担の廃止。
政治家が襟を正し、少しでも信頼を取り戻すよう努め区民との距離を縮める。
区民と政治家との交流が活発になる事は結果的に、社会問題の解決への後押しになる。
解決するための重要政策(1)
  • - 30.行政改革
  • - 12.通信施設整備
  • - 13.公共施設マネジメント
平日の昼間と同じ体制とまではいかないが休日、夜間の相談窓口の拡充の為の職員配置や、様々な問題に対応するための専門家(士業)の配置。
メールやSNS等、ネットを介しての相談対応やよくある相談(Q&A)、具体的な対応先を大田区の該当相談窓口コーナーから見られるようにする。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(2)
  • - 12.通信施設整備
  • - 13.公共施設マネジメント
  • - 41.観光振興
無料wi-fi、スマホや携帯、PCの充電用の電源ソケットの拡充。
観光庁が外国人旅行者へ「日本滞在中にあると便利な情報」についてアンケートを取った所「無料Wi-Fi」が(47.9%)と一番多かった。
旅行者だけに限らずこの情報化社会ではネット環境やその機器の充電施設等の拡充は日常生活を送るうえで必要不可欠である。
期限
数値目標
予算
財源
解決するための重要政策(3)
  • - 31.議会改革
  • - 46.若者の政治参加
  • - 45.市民参画・協働
身を切る改革!
政務活動費の領収書のインターネット上での全面公開。費用弁償制度の廃止。
区議会議員の海外視察(親善訪問調査)の公費負担の廃止。
政治家が襟を正し、少しでも信頼を取り戻すよう努め区民との距離を縮める。
区民と政治家との交流が活発になる事は結果的に、社会問題の解決への後押しになる。
期限
数値目標
予算
財源