学校法人 産業能率大学 総合研究所

技術問題の分析・可視化と解決のアイデア発想力向上無料体験セミナー【受付中】


開発・設計者教育を担うマネジャー・推進担当者のための“管理技術シリーズ”

このセミナーでは、工学的な課題を解決するために必要な、技術問題を分析し可視化力を向上させるとともに、アイデア発想力を向上させる方法について、演習体験を通してご紹介します。
多くの組織が、開発・設計・技術者の問題解決能力の向上をますます求めるようになってきています。しかしながら、各組織で開催される問題解決研修やアイデア発想研修の多くは、対象者を技術者に限定して実施しているわけではありません。技術者ならではの工学的な課題の解決、とりわけ、製品・技術を対象とした課題の解決には、それに見合った手法が求められています。当セミナーでは、技術問題を見える化し、解決アイデアを発想する視点を与える「プロブレムフォーミュレーション」手法と技術課題のアイデア発想法を実際に体験していただきます。ぜひご参加ください。




実施日 【受付中】2017年9月19日(火)
時間 13:30 〜 17:00 (受付開始 13:00)
会場 (学)産業能率大学サピアタワーセミナールーム
千代田区丸の内1-7-2サピアタワー9階
https://www.bispot.jp/bill_pages?bill_cd=N00&locale=ja
対象者 研究・技術開発部門、商品開発・企画部門、設計部門、人事教育・技術者教育部門等において、技術課題の解決や創造的な開発・設計・技術者等の育成担当マネジャー・推進担当者の方々
参加費 無料
料金
定員 12名(1社2名様まで・先着順)定員になり次第締め切らせていただきます。
スピーカー1 学校法人産業能率大学総合研究所 経営管理研究所 研究員 福岡宣行
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/7617
スピーカー2
スピーカー3
スピーカー4
プログラム 1.管理技術・技術問題の見える化・アルトシュラーのTRIZとは
2.技術問題の見える化を図る手法〜プロブレムフォーミュレーション〜とは
3.技術問題の見える化体験(プロブレムフォーミュレーション演習)
4.アイデア発想の理論
5.GBS(Guided Brain Storming)による技術課題アイデア発想法(一部演習)
6.プログラムのご案内
関連情報

お申込み方法
【WEB申込】 申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申込み確認後、ご参加いただける場合は改めて受講票をお送りします。

法人対象のセミナーのため、個人の方および同業他社様のお申込みは
お断りさせていただく場合がございます。

本学の「本サイトにおける個人情報の管理等について」をご確認いただき、
同意のうえでお申込みください。
「本サイトにおける個人情報の管理等について」

※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。

============================================================

お問い合わせ先(イベント担当)
学校法人 産業能率大学 
総合研究所 経営管理研究所 
研修企画支援センター 担当:北出・義間
〒158-8630 世田谷区等々力6-39-15  
пF03-5758-5115
WEBからのお問い合わせは下記からどうぞ
(お問い合わせの際は、イベント名の入力をお願いします。)
WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ

イベント一覧表に戻る

申込みフォーム

】は必須入力

必要事項をご入力の上、「確認ページに進む」ボタンを押してください。
勤務先の住所・電話番号(自宅不可)を入力していただくようお願いします。

会社・団体名
お名前 姓: 名:
所属
役職
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
全角で入力してください
ビル・マンション名
TEL - -
FAX - -
メールアドレス
※携帯メールは不可

(確認用)
申込経路
(本イベントは何でお知りになりましたか?)
産能大のHPを見て
本学アドバイザーよりのご案内(面会時での)
本学アドバイザーよりのご案内(メールによる)
産能大よりのメールマガジン
産能大よりのDM(FAX・郵便等)を見て
人事ポータルサイト(HRプロ)のHPを見て
人事ポータルサイト(日本の人事部)のHPを見て
人事ポータルサイト(ヒューマンキャピタル)のHPを見て
その他:
個人情報の管理等について 同意する
※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。
備考

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。