学校法人 産業能率大学 総合研究所

プレマネジャーのための問題解決【受付中】


技術力を持ったビジネス人(びと)づくりシリーズ

技術部門では、ある程度のキャリアを積み優秀と目されている技術者が、テーマリーダーやプロジェクトリーダーに任命されることが一般的です。しかしながら、これまで自分の技術の深耕はしてきたが、プロジェクトとしての取り組みを主導する経験がない彼らは、メンバー一丸となった問題解決がうまくできず、苦労しているケースが少なくないようです。その原因の多くは、自身の専門領域に関する知識や技術は持っているものの、メンバーの活かし方を含めた“プロジェクトとしての問題解決の進め方”がわからず、悩んでしまう状況が多いようです。
今回のセミナーでは、プロジェクトメンバーが持っている個の力を引き出し、チームを問題解決集団化していくための、“問題解決活動”の進め方について焦点を当てた研修について、一部セッションの体験を通じてご紹介いたします。




実施日 【受付中】2018年8月1日(水)
時間 13:30 〜 17:00 (受付開始 13:00)
会場 産能セミナールーム名古屋教室
名古屋市中村区名駅4丁目5-28 桜通豊田ビル18階
http://seminar.hj.sanno.ac.jp/semi/room/nagoya.asp
対象者 研究・技術開発部門、商品開発・企画部門、設計部門、人事教育・技術者教育部門等において、技術課題の解決や創造的な開発・設計・技術者等の育成担当マネジャー・推進担当者の方々
参加費 無料
料金
定員 12名(1社2名様まで・先着順) 定員になり次第締め切らせていただきます
スピーカー1 学校法人産業能率大学総合研究所 経営管理研究所 主幹研究員 小林幸平
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/3172
スピーカー2
スピーカー3
スピーカー4
プログラム 1.プロジェクトリーダーが意識すべき問題解決の“手順論”と“活動論”
2.問題解決活動の三本柱 〜実践知・再定義・支援活動〜
3.問題解決の勘どころを見つけ出す 〜実践知〜
4.問題を解けるように捉えなおす 〜再定義〜
5.メンバーが持つ問題解決の力を引き出す 〜支援活動〜
関連情報

お申込み方法
【WEB申込】 申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申込み確認後、ご参加いただける場合は改めて受講票をお送りします。

法人対象のセミナーのため、個人の方および同業他社様のお申込みは
お断りさせていただく場合がございます。

本学の「本サイトにおける個人情報の管理等について」をご確認いただき、
同意のうえでお申込みください。
「本サイトにおける個人情報の管理等について」

※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。

============================================================

お問い合わせ先(イベント担当)
学校法人 産業能率大学 総合研究所
中部事業部 担当:松永・隈井(くまい)
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル
TEL:052-561-4550

WEBからのお問い合わせは下記からどうぞ
(お問い合わせの際は、イベント名の入力をお願いします。)
WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ

イベント一覧表に戻る

申込みフォーム

】は必須入力

必要事項をご入力の上、「確認ページに進む」ボタンを押してください。
勤務先の住所・電話番号(自宅不可)を入力していただくようお願いします。

会社・団体名
お名前 姓: 名:
所属
役職
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
全角で入力してください
ビル・マンション名
TEL - -
FAX - -
メールアドレス
※携帯メールは不可

(確認用)
申込経路
(本イベントは何でお知りになりましたか?)
産能大のHPを見て
本学アドバイザーよりのご案内(面会時での)
本学アドバイザーよりのご案内(メールによる)
産能大よりのメールマガジン
産能大よりのDM(FAX・郵便等)を見て
人事ポータルサイト(HRプロ)のHPを見て
人事ポータルサイト(日本の人事部)のHPを見て
人事ポータルサイト(ヒューマンキャピタル)のHPを見て
その他:
個人情報の管理等について 同意する
※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。
備考

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。