学校法人 産業能率大学 総合研究所

コンプライアンスの新潮流 社員の意識を変えるモバイル時代のアプローチ【受付中】


SANNOフォーラム2017

社内の取り組みが一巡し、「コンプライアンス」という言葉は周知されるようになりました。しかし依然として「言われたからしょうがない」というやらされ感や「自分には関係ない」という他人事意識から抜けられず、企業の不祥事リスクは依然として高いままです。

本フォーラムでは、社員の意識にアプローチする方法について考えていきます。第1部では、第一線で活躍するコンサルタントの視点から、今多くの企業が抱えているジレンマとその解消方法について検討します。第2部では、様々な角度から社員の意識を変える方法について検討し、本学が開発したモバイル教育アプリを使ったアプローチを紹介します。




実施日 【受付中】2017年9月25日(月)
時間 13:30〜16:30終了予定(13:00受付開始)
会場 産業能率大学 代官山キャンパス セミナールーム 21番教室
東京都目黒区青葉台1−4−4
(東急東横線 代官山駅から徒歩8分)
http://seminar.hj.sanno.ac.jp/semi/room/
対象者 コンプライアンス推進部門および人事・人材開発部門の責任者・ご担当者
参加費 無料
料金
定員 50名(先着順) 定員になり次第締め切らせていただきます。
スピーカー1 産業能率大学 総合研究所 戦略・ビジネスモデル研究センター
主任研究員 赤松 育子
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/6742
スピーカー2 産業能率大学 総合研究所 学習メディア開発センター
プロジェクト・マネジャー 須藤 洋平
スピーカー3
スピーカー4
プログラム 【第1部】 21世紀はジレンマの時代。われわれはどうジレンマと向き合うべきか?
・コンプライアンスと企業の成長、どう捉えるべきか
・グローバルスタンダードのプレッシャーに抗う日本企業
・現場のジレンマに役割を明確にして立ち向かう

【第2部】 社員の意識を変えるアプローチ 〜CollectからConnectへ〜
・どうすれば社員の意識を変えられるのか
・孫子の兵法、スポーツコーチング理論、マインドフルネス、共通点は?
・モバイル時代の教育アプリ「モバイルトレイン」のご紹介
(無料のモニタ受講を当日お申込いただけます)
関連情報

お申込み方法
【WEB申込】 申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申込み確認後、ご参加いただける場合は改めて受講票をお送りします。

法人対象のセミナーのため、個人の方および同業他社様のお申込みは
お断りさせていただく場合がございます。

本学の「本サイトにおける個人情報の管理等について」をご確認いただき、
同意のうえでお申込みください。
「本サイトにおける個人情報の管理等について」

※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。

============================================================

お問い合わせ先(イベント担当)
学校法人 産業能率大学 総合研究所 
普及事業本部 普及事業7課 担当:吉田
〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
TEL:03-5758-5103
WEBからのお問い合わせは下記からどうぞ
(お問い合わせの際は、イベント名の入力をお願いします。)
WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ

イベント一覧表に戻る

申込みフォーム

】は必須入力

必要事項をご入力の上、「確認ページに進む」ボタンを押してください。
勤務先の住所・電話番号(自宅不可)を入力していただくようお願いします。

会社・団体名
お名前 姓: 名:
所属
役職
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
全角で入力してください
ビル・マンション名
TEL - -
FAX - -
メールアドレス
※携帯メールは不可

(確認用)
申込経路
(本イベントは何でお知りになりましたか?)
産能大のHPを見て
本学アドバイザーよりのご案内(面会時での)
本学アドバイザーよりのご案内(メールによる)
産能大よりのメールマガジン
産能大よりのDM(FAX・郵便等)を見て
人事ポータルサイト(HRプロ)のHPを見て
人事ポータルサイト(日本の人事部)のHPを見て
人事ポータルサイト(ヒューマンキャピタル)のHPを見て
その他:
個人情報の管理等について 同意する
※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。
備考

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。