学校法人 産業能率大学 総合研究所

組織と個人の“モチマエ”を100%発揮するための「働き方改革」の進め方【受付中】


2016年9月、安倍政権下で「働き方改革実現会議」が設置されました。それから2年。「働き方改革」はどれほど進展し、具体的な成果を生み出しているでしょうか?もし具体的な成果が生み出せていないとすれば、その要因はどこにあるのでしょうか?本セミナーでは、「働き方改革」によって、その組織と個人の双方がその”モチマエ”を十分に発揮するためのヒントを探っていきます。
第1部では、本学が2017年に実施した『日本企業における社員の働き方に関する実態調査』の結果から、「働き方」と経営成果の関係、長時間労働発生のメカニズムを明らかにし、「働き方改革」とどのように取り組んでいけばよいのかを考えます。
第2部では、「働き方改革は誰のものか?」という問いを設定することにより、改めて「働き方改革」の本質を見つめ直し、日本企業における社員の働き方の方向性を考えてまいりたいと思います。




実施日 【受付中】2018年9月6日(木)
時間 13:30〜16:30(受付開始 13:00)
会場 愛知県産業労働センター ウィンクあいち 1101会議室
http://www.winc-aichi.jp/access/
対象者 人材育成部門の責任者・ご担当者の方、働き方改革の責任者・推進者
参加費 無料
料金
定員 30名  *1社につき最大2名様までとさせていただきます  *先着順:定員になり次第締め切らせていただきます
スピーカー1 学校法人産業能率大学 経営管理研究所 組織測定研究センター 堀内勝夫
スピーカー2 学校法人産業能率大学 経営管理研究所 主幹研究員 安藤紫
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/3152
スピーカー3
スピーカー4
プログラム 【第1部】 データで読み解く“働き方改革” 〜『日本企業における社員の働き方に関する実態調査』の結果から〜
・働き方と経営成果の関係
・長時間労働発生のメカニズムとは
・働き方改革を成功させるために

【第2部】 “働き方改革”の本質を問い直す
・「働き方」は”誰のもの”か?
・「働かせ方」と「働き方」を一致させるには?
・組織のモチマエと個人のモチマエを発揮するために
関連情報

お申込み方法
【WEB申込】 申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申込み確認後、ご参加いただける場合は改めて受講票をお送りします。

法人対象のセミナーのため、個人の方および同業他社様のお申込みは
お断りさせていただく場合がございます。

本学の「本サイトにおける個人情報の管理等について」をご確認いただき、
同意のうえでお申込みください。
「本サイトにおける個人情報の管理等について」

※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。

============================================================

お問い合わせ先(イベント担当)
学校法人 産業能率大学 総合研究所
中部事業部 中部普及事業2課 (担当:毛戸(けど)、永樂(えいらく))
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル
TEL:052-561-4550

WEBからのお問い合わせは下記からどうぞ
(お問い合わせの際は、イベント名の入力をお願いします。)
WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ

イベント一覧表に戻る

申込みフォーム

】は必須入力

必要事項をご入力の上、「確認ページに進む」ボタンを押してください。
勤務先の住所・電話番号(自宅不可)を入力していただくようお願いします。

会社・団体名
お名前 姓: 名:
所属
役職
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
全角で入力してください
ビル・マンション名
TEL - -
FAX - -
メールアドレス
※携帯メールは不可

(確認用)
申込経路
(本イベントは何でお知りになりましたか?)
産能大のHPを見て
本学アドバイザーよりのご案内(面会時での)
本学アドバイザーよりのご案内(メールによる)
産能大よりのメールマガジン
産能大よりのDM(FAX・郵便等)を見て
人事ポータルサイト(HRプロ)のHPを見て
人事ポータルサイト(日本の人事部)のHPを見て
人事ポータルサイト(ヒューマンキャピタル)のHPを見て
その他:
個人情報の管理等について 同意する
※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。
備考

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。