学校法人 産業能率大学 総合研究所

ビジネス構想策定入門セミナー カリキュラムのご紹介フォーラム【受付中】


技術で勝って、ビジネスでも勝つ!

 「技術で勝って、ビジネスで負ける」
日本企業は優れた技術力を持ちながら、近年それを十分に活かすことが出来ないといわれます。技術やサービスの優位性でビジネスを展開する企業では、全体観を持ってビジネスを捉える機会が少なくなってしまいがちです。技術を先鋭的に掘り下げることも重要ですが、開発した技術をビジネスにおける成果に結びつけるためには、ビジネスそのものを検討する力が必要になります。特に “儲ける”というビジネスの目的を達成できるかどうかを洞察する力が重要です。
当フォーラムでは、弊学「技術者のためのビジネス人シリーズ」の新開発プログラムである「ビジネス構想策定入門(技術経営基本)セミナー」について、演習体験を含む紹介を行います。




実施日 【受付中】2017年11月8日(水)
時間 13:30 〜 16:30 (受付開始 13:00)
会場 ウィンクあいち 1201号室 
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目4−38
http://www.winc-aichi.jp/access/
対象者 製造業の事技系/中堅以上の社員育成に関心をお持ちのご担当者様、ご責任者様
人事教育・技術者教育部門、研究・技術開発部門、商品開発・企画部門
設計部門等において、技術課題の解決や創造的な開発・設計・技術者等の育成担当マネジャー・推進担当者の方々
参加費 無料
料金
定員 36名(1社2名様まで・先着順)定員になり次第締め切らせていただきます。
スピーカー1 学校法人産業能率大学総合研究所 経営管理研究所 主席研究員 竹村 政哉
http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/3184
スピーカー2
スピーカー3
スピーカー4
プログラム 1.ビジネス構想の必要性
2.ビジネス構想力を鍛える方法(カリキュラム紹介)
  @ビジネスモデルの進化から“儲ける方法”を理解する
  Aビジネスモデルにおける“技術(サービス)の価値”を高める
  Bビジネスモデルの“顧客にとっての価値”を高める
  Cビジネス構想の立て方を理解する
  D情報へのアンテナを高くするには
3.質疑応答

※グループ演習体験を含みます。自己紹介のために名刺をご持参ください。
関連情報

お申込み方法
【WEB申込】 申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申込み確認後、ご参加いただける場合は改めて受講票をお送りします。

法人対象のセミナーのため、個人の方および同業他社様のお申込みは
お断りさせていただく場合がございます。

本学の「本サイトにおける個人情報の管理等について」をご確認いただき、
同意のうえでお申込みください。
「本サイトにおける個人情報の管理等について」

※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。

============================================================

お問い合わせ先(イベント担当)
学校法人 産業能率大学 総合研究所
中部事業部 担当:松永
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目5−28 桜通豊田ビル18階  
пF052-561-4550

WEBからのお問い合わせは下記からどうぞ
(お問い合わせの際は、イベント名の入力をお願いします。)
WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ

イベント一覧表に戻る

申込みフォーム

】は必須入力

必要事項をご入力の上、「確認ページに進む」ボタンを押してください。
勤務先の住所・電話番号(自宅不可)を入力していただくようお願いします。

会社・団体名
お名前 姓: 名:
所属
役職
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
全角で入力してください
ビル・マンション名
TEL - -
FAX - -
メールアドレス
※携帯メールは不可

(確認用)
申込経路
(本イベントは何でお知りになりましたか?)
産能大のHPを見て
本学アドバイザーよりのご案内(面会時での)
本学アドバイザーよりのご案内(メールによる)
産能大よりのメールマガジン
産能大よりのDM(FAX・郵便等)を見て
人事ポータルサイト(HRプロ)のHPを見て
人事ポータルサイト(日本の人事部)のHPを見て
人事ポータルサイト(ヒューマンキャピタル)のHPを見て
その他:
個人情報の管理等について 同意する
※お預かりした個人情報は、本セミナーの運営業務ならびに本学からの
ご連絡・人材育成に関する情報提供に使用させていただきます。
備考

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。