現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社先端医療開発
【業種】
医薬品/創薬
創薬支援/受託サービス
食品/飲料
最終更新年月日:2016年7月7日
企業情報

代表者氏名:
松原正東


設立年月日:
2006年2月8日

資本金:
194 百万円  

従業員数:
15 人

本社住所:
〒812-0027
福岡県 福岡市博多区下川端町2番1号 9階 博多座・西銀再開発ビル

電話番号/FAX番号:
092-271-5508 / 092-282-1164

URL:
http://www.sentaniryou.co.jp

参考資料:

会社概要:
イノベーションをもたらすナノ医工薬融合学による独創的な薬物封入ナノ粒子製剤の開発を基盤として、
世界に通用する全く新しい革新的な診断・治療法の研究開発を行い
日本発の革新的ナノ医療の実用化によって国民の健康と世界の福祉に貢献する

技術&事業概要
主に心血管治療薬として生体吸収性高分子ポリマーである乳酸・グリコール酸. 共重合体(PLGA)による薬物封入ナノ粒子製剤の研究開発を行う「創薬事業」を主軸として、医療機器の開発、販売、ナノテクノロジーを駆使した健康商品の研究開発を行っております。

共同研究契約先:九州大学、琉球大学
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
ピタバスタチン封入ナノ粒子製剤
フェース1/2
画期的な有効性を発揮する治療的血管新生療法(対象疾患:慢性重症虚血肢)
企業へのライセンスアウト
ピタバスタチン封入ナノ粒子製剤
フェーズ1
重症肺高血圧症の予後と生活の質を改善するための安心安全のナノ医療製剤(希少疾病用医薬品)

ピタバスタチン封入ナノ粒子製剤
非臨床試験
虚血-再灌流傷害部位選択的ナノ薬物送達システム(対象疾患:心筋梗塞症)

シクロスポリン封入ナノ粒子製剤
非臨床試験
虚血-再灌流傷害部位選択的ナノ薬物送達システム(対象疾患:虚血性再灌流傷害)





最近の成果・実績
ピタバスタチン封入ナノ粒子製剤:Phase I/IIa 医師主導治験実施中(慢性重症虚血肢)、Phase I 単回・反復投与 医師主導治験終了(重症肺高血圧症)
平成26年度沖縄県ライフサイエンスネットワーク形成事業採択(3年間)
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「平成27年度革新的ものづくり産業創出連携促進事業」採択
Hot news

アライアンスの希望
・弊社パイプラインに関する共同研究、技術導出
・各種素材のナノ化受託
 当社は、生体吸収性高分子ポリマーである乳酸・グリコール酸. 共重合体(PLGA)による薬物封入ナノ粒子製剤の研究開発を行っています。
 製薬企業で開発中の化合物、薬効不足等で開発中止となった化合物や特許期間を満了した薬剤、その他様々な原材料をこのPLGAナノ粒子に封入し、
 新たな医薬品・健康食品として開発する受託事業を行っております。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。