現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


多摩川精機株式会社
【業種】
創薬支援/受託サービス


最終更新年月日:2017年5月18日
企業情報

代表者氏名:
代表取締役社長 萩本 範文


設立年月日:
1938年3月3日

資本金:
100 百万円  

従業員数:
730 人

本社住所:
〒395-8515
長野県 飯田市大休1879

電話番号/FAX番号:
0265-21-1800 / 0265-21-1861

URL:
http://www.tamagawa-seiki.co.jp

参考資料:

会社概要:
私たちは、環境に優しく、お客様から信頼される企業を目指して努力しています。
多摩川精機は創業以来、高精度センサ・モータ・ジャイロなど、制御装置の角度精度に挑み、商品としてお客様にお届けしてまいりました。
2003年に、東京工業大学と共同で創薬研究用ナノ磁性微粒子の研究開発を始めました。

技術&事業概要
弊社は創薬研究用の機能性ナノ磁性微粒子「FGビーズ」を製造・販売しています。
FGビーズは、(1)分散性が良く効率的な結合を行うことができる、(2)タンパク質の非特異的な吸着が極めて少ない、(3)有機溶媒に耐性であり様々なリガンドを固定化できる、といった優れた特徴を有するアフィニティー精製用の担体です。FGビーズにより、薬剤等の標的タンパク質のワンステップ精製が可能となりました。
弊社では、FGビーズへのリガンド固定化、リガンド固定化ビーズを使用した標的タンパク質の精製・同定等の受託ザービスも行っています。薬剤の作用・副作用メカニズムの解析や、新規創薬ターゲットの探索等のお役に立てるものと思います。

主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
ナノ磁性微粒子「FGビーズ」
上市・販売
創薬研究用(標的タンパク質精製用)実験ツール
販路拡大
受託サービス
サービス
標的タンパク質同定に関する受託サービス:FGビーズへのリガンド固定化、リガンド固定化ビーズを使用した標的タンパク質精製・同定
販路拡大












最近の成果・実績
最近のトピックスでは、東京工業大学の半田宏教授らがFGビーズを使用してサリドマイドの標的タンパク質を同定し、サリドマイドが奇形を引き起こすメカニズムを解明しました。この研究成果は「サイエンス」誌に掲載されました。
Hot news
FGビーズ キャンペーン実施中
受託サービス キャンペーン実施中
磁石スタンド キャンペーン実施中

アライアンスの希望
製薬メーカー、公的研究機関、大学等に創薬研究用ツールとしてFGビーズを販売しています。
また、薬剤等の標的タンパク質同定に関する受託サービスも行います。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。