現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社BNA
【業種】
医薬品/創薬
創薬支援/受託サービス

最終更新年月日:2019年11月8日
企業情報

代表者氏名:
岩壁 賢治


設立年月日:
2008年5月12日

資本金:
100 百万円  

従業員数:

本社住所:
〒567-0085
大阪府 茨木市彩都あさぎ7-7-20 (彩都バイオイノベーションセンター内)

電話番号/FAX番号:
072-646-7037 / 072-646-5763

URL:
http://www.bna.jp/index.html

参考資料:

会社概要:
当社は、創業者である今西武(現顧問・大阪大学名誉教授)が大阪大学薬学研究科での高機能性人工核酸BNA(Bridged Nucleic Acid)類の開発研究成果を基にして2008年に設立した大学発ベンチャー企業です。多様な構造と優れた特性を有するBNAユニットを天然オリゴヌクレオチド中に導入して合成できる各種の「BNAオリゴ」は、天然核酸(DNAやRNA)の配列情報を厳密に認識して非常に強く結合し、核酸分解酵素に対し優れた抵抗性を獲得している特性があります。このような特徴を有するBNA類は核酸医薬品・遺伝子検査診断薬・ゲノム関連研究用試薬などの基盤材料として利活用することができます。

技術&事業概要
株式会社BNAでは、高機能性人工核酸BNAに関する下記の事業を行っております。
1)BNA関連特許権の有効活用(ライセンシング等)
2)各種BNAユニット(アミダイト)の製造と販売
3)新規BNAの開発と知的財産化
4)遺伝子検査診断技術の開発(共同研究も含む)
5)核酸医薬品の開発研究(共同研究も含む)

主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
BNAアミダイトの供給
上市・販売
BNAオリゴヌクレオチドの原料として、ご利用することができます。
顧客獲得、海外販路開拓
BNAオリゴヌクレオチド
上市・販売
遺伝子検査・診断、医薬品開発、研究用試薬として、ご利用することができます。販売元:株式会社ジーンデザイン
顧客獲得、海外販路開拓
BNA関連特許権のライセンス事業
上市・販売
弊社が保有するBNAに関するライセンスの実施許諾を行います。
顧客獲得、海外販路開拓








最近の成果・実績
BNA関連製品として、シスメックス株式会社と凸版印刷株式会社と株式会社理研ジェネシスにより検出チップ『LW-100 EGFR研究用試薬 』が開発され、「研究用遺伝子測定装置LW-100」および関連試薬群として市場への導入が開始されました。
Hot news

アライアンスの希望
BNAオリゴヌクレオチドや各種BNA製品をご購入いただける方だけではなく、ライセンス先となるパートナー様も募集しています。当社保有の技術である人工核酸BNAは、最近も毒性が低いことが論文で紹介されるなど核酸医薬品開発の材料として注目されています。また、BNAは、標的オリゴヌクレオチドに対して強固に結合するだけでなく、極めて高い酵素耐性能も併せ持つため、核酸医薬品開発以外にも遺伝子関連の研究開発の基盤材料としてご利用できますので是非ともご検討ください。
 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。