現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


iBody株式会社
【業種】
医薬品/創薬
創薬支援/受託サービス

最終更新年月日:2020年11月26日
企業情報

代表者氏名:
天草陽


設立年月日:
2018年2月1日

資本金:
10 百万円  

従業員数:
9 人

本社住所:
〒464-0814
愛知県 名古屋市千種区不老町1番名古屋大学 インキュベーション施設102号

電話番号/FAX番号:
052-753-8654 / 052-753-8654

URL:
https://www.ibody.co.jp/

参考資料:
化学と生物_総説(2017).pdf [ 1MiB ]

会社概要:
iBody株式会社は名古屋大学発のバイオベンチャーです。
当社は独自の天然型ヒト抗体探索技術「Ecobody技術」を用いて新たな抗体医薬を創出することで、人類の健康とQOLの向上に貢献します。
iBodyではアカデミアとの共同研究により、ヒトが持つ抗体が疾患の進行や抑制に関わるがん、自己免疫疾患、感染症にフォーカスを当て新規抗体医薬品の研究開発に取り組んでいます。
また、同技術を用いたヒト及びウサギの抗体探索受託サービスも提供しています。

技術&事業概要
基盤技術(Ecobody技術):
ヒトや動物の個々のB細胞(シングルセル)から無細胞タンパク質発現系で網羅的にかつ極めて迅速(2日間)に抗体を取得することができます。当社は本技術に関する名古屋大学の特許の独占実施権を有しています。

開発パイプライン:
アカデミアとの共同研究により固形癌に対する新規抗体医薬品を開発するプロジェクトを進めています。
・IBC-001:固形癌のがん浸潤B細胞から、患者が持つ自己抗体を網羅的に取得、評価することで医薬品応用
・IBC-002:複数の固形癌に特異的に発現している抗原に対する患者自己抗体を取得・評価することで医薬品応用
・IBC-003:固形癌のがん浸潤B細胞から、患者が持つ自己抗体を網羅的に取得、評価することで医薬品応用

抗体探索受託サービス
ヒト及びウサギの抗体探索サービスを提供

主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
IBC-001
研究
固形癌のがん浸潤B細胞から、患者が持つ自己抗体を網羅的に取得、評価することで医薬品応用
標的抗原の同定、in vivo薬効試験の実施
IBC-002
研究
複数の固形癌に特異的に発現している抗原に対する患者自己抗体を取得・評価することで医薬品応用
抗原に対する親和性評価、in vitro薬効試験の実施
IBC-003
研究
固形癌のがん浸潤B細胞から、患者が持つ自己抗体を網羅的に取得、評価することで医薬品応用
有望抗体の取得
抗体探索受託サービス
サービス
ヒト及びウサギの抗体探索サービスを提供
ヒト及びウサギの抗体探索サービスの受注




最近の成果・実績
研究開発
IBC-001:がん細胞への強力な結合、ADC化して薬効を示すシーズ候補を多数同定
IBC-002:2020年前半よりプロジェクトを開始し、既に特定抗原に対する有望抗体候補を多数同定
IBC-003:2020年後半よりプロジェクトを開始

基盤技術
関連する2件の特許が国内で登録
特許第6681625号 発明の名称:タンパク質の発現方法
特許第6744670号 発明の名称:タグ付抗体

Hot news

アライアンスの希望
研究開発
・各プロジェクトのシーズの製薬企業へのライセンスアウト
・各プロジェクトおよび新規テーマにおける製薬企業との共同研究
・基盤技術を活用する事業提携(医薬品・診断薬)
・基盤技術のライセンスアウト

受託サービス
・ヒト及びウサギの抗体探索サービスの受注

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。