現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


オンコセラピー・サイエンス株式会社
【業種】
医薬品/創薬


最終更新年月日:2013年8月20日
企業情報

代表者氏名:
代表取締役社長 角田 卓也


設立年月日:
2001年4月6日

資本金:
3566 百万円  

従業員数:
99 人

本社住所:
〒213-0012
神奈川県 川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D D棟6階(受付)

電話番号/FAX番号:
044-820-8251 / 044-820-8260

URL:
http://www.oncotherapy.co.jp/

参考資料:

会社概要:
オンコセラピー・サイエンス株式会社(OTS)は、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの網羅的遺伝子発現解析研究をプラットホーム技術として、副作用が少なく臨床効果の高い革新的ながん治療薬の開発を目的とした大学発の開発型ベンチャー企業です。OTSでは、がん細胞でのみ発現が亢進し正常重要臓器では発現が極めて低い遺伝子や、腫瘍新生血管のみに特異的に発現する遺伝子を選び、ペプチドワクチン、抗体医薬、低分子医薬および核酸医薬など、新しい抗がん剤の研究開発を精力的に行っております。

技術&事業概要
我々はゲノム包括的な遺伝子発現解析結果から、がん細胞特異的に発現している標的遺伝子を多数同定しております。
がんペプチドワクチンについては、新規がん特異的遺伝子について細胞傷害性T細胞を誘導するエピトープペプチドの探索を行い、多数のペプチドを取得しています。具体的には、日本人および欧米人に多く見られるHLA-A24およびA2を中心に、膵臓がん、膀胱がん、大腸がん、肝臓がんなど、様々ながんを標的としたエピトープペプチドを同定しております。また、日本またはアジア圏で広く分布の見られる、HLA-A24およびA2以外のHLA型に適用可能なペプチドワクチンの同定も進めております。低分子医薬につきましては、複数のがん特異的タンパク質を標的とする創薬研究を進めております。複数の化合物で高い腫瘍増殖抑制効果を確認しており、臨床開発を視野に入れた検討を進めております。がんペプチドワクチン、低分子医薬および抗体医薬の臨床開発を通じて、一日も早く患者さんに新薬を届けられるよう、日々取り組んでおります。
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
C01
フェーズ3
膵臓癌
被験者募集中
OTS167
フェーズ1
固形がん
被験者募集中
OTSA101
フェーズ1
滑膜肉腫
被験者募集中








最近の成果・実績
複数のアライアンスを組むことで医薬品開発を加速しています。膵臓がんに対するCOMPETE-PC studyをはじめ、国内にてがんペプチドワクチンの臨床試験を推し進める一方、シンガポール、韓国および日本にて胃がんに対するペプチドワクチンOTSGC-A24の第I/II相国際共同臨床試験を実施しております。低分子医薬においては、米国にて第I相臨床試験を開始し、抗体医薬の開発においても、フランスにて第I相臨床試験を実施しております。
Hot news

アライアンスの希望
我々が創薬化を目指すがんペプチドワクチンは、従来の抗がん剤とは作用機序の異なる、副作用の少ない革新的ながん治療薬となることが期待されます。また、我々は幅広い研究開発パイプラインを有しており、抗体医薬、低分子医薬および核酸医薬においても、精力的に創薬研究を進めております。我々は、承認申請後の製造・販売を見据えて、共同で創薬化を目指すパートナーを募集しています。一日も早い新薬の実用化に向け、様々なスキームでのアライアンスを期待しています。
 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。