現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


YGSRS コーポレーション
【業種】
創薬支援/受託サービス
環境/エネルギー
その他
最終更新年月日:2017年8月6日
企業情報

代表者氏名:
ヘンリー アオキ


設立年月日:
2003年4月8日

資本金:
10 百万円  

従業員数:
3 人

本社住所:
〒017206535
東京都 米国、マサチューセッツ州、アクトン、レッジロックウェイ6 ユニット9

電話番号/FAX番号:
01978-742-9830 / 01978-742-9830

URL:
http://www.ygsrs.com

参考資料:

会社概要:
弊社は永年開発畑を歩んできた技術者ヘンリー・アオキが開発した抽出・固形化技術を基に、人間の健康回復、健康維持を目的とし、安全で効果性に優れた天然由来の生理活性物質を次々と生み出し、その幅広い利用を広げることを目指している。

技術&事業概要
本技術、抽出・固形化方法は様々な食品原料より、今まで抽出出来なかった生理活性物質を抽出し、固形化する技術です。その固形化された活性物質を同定すると高活性の抗癌性、抗炎性に優れた新物質が発見されます。これまでに医薬品開発で難しいとされていた抽出・分離・精製を短時間で簡単に低コストで実行でき、著しい効率化が望めます。また数多くの新物質(医薬品候補物質)のパイプラインを構築することが出来ます。本技術で発見されるペプチドのシークエンスは短く、安全性の高いものが得られます。


主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
コーヒー豆より発見されたYGSRSペプチド
非臨床試験
抗癌性、抗炎性、安全性に優れた物質、特許取得。論文発表あり。
医薬品候補物質ならびに機能性食品分野でのライセンスアウト
GL3343, GL3393ホンダトレーディング開発の大豆より生まれる新物質
研究
抗癌性、抗炎性に優れた医薬品候補物質が得られる見込み
共同研究者、提携募集
BD-305 ある食品原料より食品原料より得られる新物質
研究
抗癌性、抗炎性に優れた医薬品候補物質が得られる見込み。
共同研究者、提携募集








最近の成果・実績
コーヒー豆より新ペプチドYGSRSを発見、特許取得。高活性で抗癌、抗炎の動物実験では10マイクロ/kgで100%の抑制率を示している。本ペプチドに関し英国の専門誌Immunopharmacology and Immunotoxicologyに論文が発表されている。
緑豆より新キサントン誘導体を発見、特許取得。高活性で抗癌、抗炎の動物実験では10マイクロ/kgで100%の抑制率を示している

Hot news

アライアンスの希望
ホンダトレーディング開発の大豆より、弊社技術で「医薬品候補物質」を発見、確立するための共同研究者・提携を求めています。
其の他の食品原料より新物質(医薬品候補物質)を発見するための共同研究者・提携を常時求めています。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。