現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社ファンペップ
【業種】
医薬品/創薬


最終更新年月日:2017年9月11日
企業情報

代表者氏名:
平井 昭光


設立年月日:
2013年10月11日

資本金:
403 百万円  

従業員数:
10 人

本社住所:
〒567-0085
大阪府 茨木市彩都あさぎ七丁目7番18-303号

電話番号/FAX番号:
072-641-2041 / 03-5315-4203

URL:
http://funpep.co.jp

参考資料:

会社概要:
当社社名のファンペップ(FunPep)には、「機能(function)をもつペプチド(peptide)の可能性を追求し、医薬品や化粧品、医療機器として皆さまにお届けし、そして、誰もが健康で明るく、楽しい人生(fun life)を送ることのできる社会を目指したい」という想いが込められています。
当社は、下記の企業理念に基づき、機能性ペプチドに関する大学発の技術シーズを幅広い分野に応用することで、社会に貢献することを目指しています。

<企業理念>
・ ペプチド(peptide)の機能(function)の可能性を追求して、人々に健康と安心をもたらします
・ 大学の知を発掘し、社会への橋渡しをおこないます
・ 医薬品から化粧品・医療機器まで、幅広い商品構成で広く人々のお役にたちます

技術&事業概要
 当社は、大阪大学等との共同研究により、機能性ペプチドを創出し、医薬品、化粧品及び医療機器等への応用を図っています。

1) 抗菌ペプチド「AG30」由来の機能性ペプチド
 大阪大学で発見されたAG-30(angiogenic peptide-30)を起源とし、目的とする機能に応じて最適化されたSR-0379、キュアペプチン及びその他の機能性ペプチドに関する研究開発を行っています。

2) 抗体誘導ペプチド
 抗体誘導ペプチドは、生活習慣病等の慢性疾患に対するワクチンのことです。
 外来病原体をターゲットとする感染症ワクチンと異なり、抗体誘導ペプチドは体内の自己タンパク質をターゲットとします。このため、標的分子に対して、副作用の原因になりうる細胞傷害性T細胞(細胞性免疫)は活性化させず、効果をもたらす抗体産生(液性免疫)のみを選択的に活性化させるペプチドワクチンの創製を目指して創薬活動を行っています。
 なお、抗体誘導ペプチドに関しては、潟<fィパルホールディングズとの間で研究開発支援に関する提携契約を締結しています。

主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
SR-0379
フェース1/2
(対象疾患) 難治性皮膚潰瘍
塩野義製薬鰍ノ独占的な研究開発及び商業化権を供与済み
FPP002及びバックアップ化合物(抗体誘導ペプチド)
非臨床試験
(対象疾患) 糖尿病
製薬会社とのアライアンスを希望
研究テーマ 抗体誘導ペプチド
研究
(対象疾患) 高血圧、がん、乾癬、アレルギー性疾患、その他
製薬会社とのアライアンスを希望(特定標的分子に対しては大日本住友製薬鰍ニ共同研究を実施中)
研究テーマ アジュバント
研究


研究テーマ 抗ウイルス剤
研究
(対象疾患) ウイルス性疣贅
富士フイルム鰍ニ共同研究を実施中
最近の成果・実績
特になし
Hot news
1) 2016年8月 大学発ベンチャー表彰2016 文部科学大臣賞 受賞
(国立研究開発法人科学技術振興機構及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構主催)

2) 2017年3月 第10回 日本バイオベンチャー大賞 文部科学大臣賞 受賞
(フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)主催)

アライアンスの希望
<医薬品分野>

1) 様々な標的分子に対する「抗体誘導ペプチド」の共同研究やライセンス提携を希望
2) 「アジュバント」の共同研究やライセンス提携を希望

<医療機器分野>

3) 「キュアペプチン」(抗菌ペプチド)含有の創傷被覆材の販売提携を希望

<化粧品分野>

4) 当社機能性ペプチドを利用した化粧品の共同研究開発を希望

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。