現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


セルジェンテック株式会社
【業種】
医薬品/創薬
創薬支援/受託サービス

最終更新年月日:2017年5月1日
企業情報

代表者氏名:
代表取締役社長  麻生 雅是


設立年月日:
2003年10月20日

資本金:
35 百万円  

従業員数:
12 人

本社住所:
〒260-0856
千葉県 千葉市中央区亥鼻1-8-15 千葉大亥鼻イノベーションプラザ

電話番号/FAX番号:
043-441-4121 / 043-441-4121

URL:
http://www.cellgentech.com/

参考資料:

会社概要:
再生医療、細胞治療、遺伝子治療は、21世の難病対策治療法として注目されています。 セルジェンテック株式会社は、難病治療・克服を目的とした治療遺伝子導入ヒト脂肪細胞の加工細胞医薬品を医療に提供し、多くの難病で苦しむ患者様と家族の生活の質の向上に貢献します。 細胞医薬品とは、疾病治療のため必要な機能を付加したヒトを含む動物由来細胞を用いて難病に取り組む新概念の医薬品です。 セルジェンテック株式会社は細胞医薬品のパイオニアとして、遺伝的・後天的な生理機能蛋白の欠損または低下を疾病主因とした難病に対して、ヒト脂肪細胞を用いて、疾病治療タンパク質を供給する遺伝子を導入した加工脂肪細胞医薬品を医療に提供し、難病で苦しむ患者様およびその家族の生活の質の向上に貢献します。 また加工脂肪細胞医薬の技術基盤を、将来医療に提供される多くの細胞医薬品や組織医薬品の研究開発や事業化に役立ていただき、難病に苦しむ世界の多くの患者様の健康に寄与することにより医療貢献します。

技術&事業概要
セルジェンテック株式会社は、ヒト脂肪組織を用いて、治療タンパク質を安定持続的に供給するため、そのタンパク質を産み出す遺伝子を組み込んだヒト脂肪細胞の開発に取り組み、それを実現する性能を有する「遺伝子導入(加工)ヒト脂肪細胞」の調製(GMP製造)に成功しております。セルジェンテック株式会社は、多くの難病に対して、当社の汎用性の高い技術を応用し、多くの難病治療用加工脂肪細胞医薬品の開発を進め、多くの難病患者様のQOLに寄与し医療貢献をはたします。<有効性、安全性を支える脂肪細胞を用いた遺伝子治療技術>導入遺伝子は、安定保持される・脂肪細胞が癌化するリスクは低く、遺伝子導入脂肪細胞でもがん化は確認されていない。また脆弱化もない・脂肪細胞は接着性細胞であり移植後、他の組織への移行の可能性は低い;脂肪細胞の寿命は長く、安定持続した治療蛋白の補充が可能である。<知財状況>『遺伝子治療用初代脂肪細胞』特許(WO03/106663 A1)本特許に係わる独占的通常実施権をエーザイ株式会社より取得:日本(2011年)特許第4879867、米国(2010年)US 7,820,438 B2、欧州EP1541674B1(2010年)、豪州


主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
家族性LCAT欠損症治療用の遺伝子治療用脂肪細胞
非臨床試験
家族性LCAT欠損症に対するLCATの安定・長期持続補給を可能とするLCAT遺伝子導入脂肪細胞医薬品
遺伝子治療/第一種再生医療等臨床研究実施による有効性・安全性評価
病態改善タンパク質の安定・長期持続補給を可能とする遺伝子導入脂肪細胞医薬品
研究
慢性難病疾患の病態改善タンパク質を安定持続提供を可能とする遺伝子導入脂肪細胞医薬品
アライアンスパートナーとの共同研究共同開発
遺伝子導入非ヒト脂肪細胞の受託
サービス
研究用の遺伝子導入非ヒト脂肪細胞の受託サービスを行います









最近の成果・実績
家族性LCAT欠損症は、善玉コレステロールを増やすLCATという酵素が遺伝的に欠損した疾患です。眼や腎臓に障害を来たす希少疾病で、現在世界的に治療法は皆無です。家族性LCAT欠損症に対するLCATの安定・長期持続補給を可能とするLCAT遺伝子導入脂肪細胞医薬品の開発を進め、共同研究機関の千葉大学は厚生労働省より2013年5月遺伝子治療臨床研究実施計画の承認を得て、2016年8月より再生医療等安全性確保法下、第一種再生医療臨床研計画が厚生労働働省より実施承認され、臨床評価の場にあります。
Hot news
家族性LCAT欠損症は、現在世界的に治療法は皆無です。家族性LCAT欠損症に対するLCATの安定・長期持続補給を可能とするLCAT遺伝子導入脂肪細胞は、千葉大学にて2016年8月再生医療等安全性確保法下、第一種再生医療臨床研計画として厚生労働働省の実施承認のもと、臨床評価の場にあります。
アライアンスの希望
セルジェンテック社の遺伝子治療用脂肪細胞医薬品は、1.タンパク質・酵素欠損或いは低下の是正による先天性代謝異常疾患の治療2. 病態を是正する組換型タンパク質分泌(局所または全身)による難治性慢性疾患の治療が期待されます。セルジェンテック社は、多くの疾病治療に向け、遺伝子治療用脂肪細胞の汎用性のある技術を、多くの難病に苦しみ患者様に提供することをミッションとします。本技術に関心のある製薬企業、ライフサイエンス関連企業および研究機関からのコンタクトをお待ちしております。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。