現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


AKJグローバルテクノロジー株式会社
【業種】
医療/診断/医療機器/ヘルスケア


最終更新年月日:2012年8月17日
企業情報

代表者氏名:
代表取締役 岩渕 拓也


設立年月日:
2010年5月7日

資本金:
13 百万円  

従業員数:
5 人

本社住所:
〒260-0013
千葉県 千葉市中央区中央4-5-1 Qiball 14F

電話番号/FAX番号:
043-227-6767 / 043-227-6768

URL:
http://ak-j.jp/

参考資料:

会社概要:
低コストで迅速な検査手法の実現によるQOLの向上を目指し、2010年に千葉市で設立したバイオベンチャー企業です。分子センシング化学を応用した検査・分析手法と病態医化学に関する知見をコア技術として、生物試料を対象にした微量元素・電解質定量試薬キットや生化学マーカー検査キットの開発及び製造を行っています。さらにはこれらの技術を基に体外診断用医薬品の研究開発を手掛けており、今後、体外診断用医薬品の製造販売事業へ進出する計画です。

技術&事業概要
現在、研究用試薬キットとして微量金属・電解質測定試薬キットは「メタロアッセイ」、生化学マーカー検査キットは「マイクロアッセイ」としてそれぞれシリーズ化し弊社オリジナル製品として販売中です。製品は全国の国公立研究機関や大学の医歯薬系・理学系研究室、企業の研究所等で使用されております。簡易な比色計から分光光度計、マイクロプレートリーダー、臨床検査用自動分析装置まで測定機器を問わず適用可能であり、これらの研究用試薬キットとして高い評価と実績を有する弊社技術を核として、体外診断用医薬品の製造販売事業への準備を進めております。
特に躁うつ病治療薬の血中濃度測定試薬キット(血中リチウム検査キット)はPCT出願を完了しており、小型機器から汎用自動分析装置にまで適用できる独自の試薬キットとして既存品にはない優れた能力を有しています。(東京医科歯科大学 難治疾患研究所との間で共同研究を推進中)
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
臨床化学自動分析装置用 微量金属・電解質測定キット(リチウム、亜鉛、銅、鉄、Ca、Mg)
その他
臨床検査キットのプロトタイプ版です。薬事申請(クラス1届出)を行うことで診断薬化が可能です。リチウム試薬に関しては、PCT出願済み。
体外診断用医薬品の製造販売事業に進出するため、事業パートナーを求めております。(含む医療機器メーカー様への技術導出)
微量元素・電解質測定試薬キット 「メタロアッセイ シリーズ」、 生化学マーカー検査キット 「マイクロアッセイ シリーズ」
上市・販売
生物試料中の微量金属・電解質・生化学マーカーをマイクロプレートリーダー・分光光度計で定量する研究用試薬キットです。
ユーザー様のご要望に応じて、さらなる製品開発を行いラインナップの充実を図ります。












最近の成果・実績
現在、研究用試薬キットとして全12種類を販売中。
今後、体外診断用医薬品の製造販売事業へ進出するにあたり、臨床用自動分析装置に最適化したリチウム、亜鉛、銅、鉄をはじめとする微量金属・電解質検査試薬キットのプロトタイプ版を製造評価しています。
また、躁うつ病の治療薬である炭酸リチウム製剤の血中濃度を測定する血清リチウム検査キット(PCT出願済み)は、既存品の欠点を克服し、世界で初めて用手法、並びに汎用自動分析装置への適用を可能にしたもので、臨床検体による検証を東京医科歯科大学と共同で推進しています。

Hot news

アライアンスの希望
躁うつ病治療薬である炭酸リチウムの測定試薬をはじめとする微量金属・電解質測定試薬や生化学マーカー測定試薬の体外診断薬としての上市を共同で進める事業パートナーを求めております。
具体的には弊社保有の技術を基にした試薬キットを臨床検査用汎用自動分析装置や小型医療機器用の体外診断薬として製造・販売事業を進めるための施設・設備、資金、人員の提供あるいは、医療検査機器への搭載を進めるための戦略的な事業パートナーを求めております。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。