現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社メタジェン
【業種】
その他


最終更新年月日:2018年3月7日
企業情報

代表者氏名:
福田真嗣


設立年月日:
2015年3月18日

資本金:
20 百万円  

従業員数:
9 人

本社住所:
〒997-0052
山形県 鶴岡市覚岸寺字水上246−2

電話番号/FAX番号:
0235-64-0330 / 0235-64-0329

URL:
http://metagen.co.jp/

参考資料:

会社概要:
株式会社メタジェンは健康長寿社会の実現のため、個々人の腸内環境を適切にコントロールする「腸内デザイン」技術の確立を目指しています。当社は慶應義塾大学および東京工業大学発のジョイントベンチャーとして、2015年3月、慶應義塾大学先端生命科学研究所が所在する山形県鶴岡市に設立されました。当社の共同創設者である代表取締役社長CEO福田真嗣(慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任准教授)と、取締役副社長CTO山田拓司(東京工業大学生命理工学院生命理工学系 准教授)は、現在も大学に籍を置く研究者であり、大学からの技術移転ではなく、研究者が自らの責任で研究成果の社会実装に取り組んでいる点が当社の特色です。最先端の研究を行っている経営陣の知見やネットワークを活かし、多くの食品企業や医薬品企業と共同研究を行うことで、腸内環境改善に関する科学的エビデンスに基づいたデータベースを開発しています。また、2017年6月には消化器内科医師であり潰瘍性大腸炎治療に向けた便移植療法の第一人者である石川が取締役CMO (Chief Medical Officer)に就任し、臨床応用に向けた腸内環境研究にも取り組んでいます。

技術&事業概要
株式会社メタジェンは、腸内細菌叢の構成(腸内細菌の種類とその割合)を解析する「メタゲノミクス」と、慶應義塾大学先端生命科学研究所で培われた腸内代謝物質を網羅的に解析する「メタボロミクス」によって得られたデータを統合解析する「メタボロゲノミクス(R)」を独自に構築しました。メタゲノミクスとメタボロミクス、両方の解析を実施可能な企業は世界にも類を見ず、また東京工業大学で培われた生命情報科学技術により、複雑な腸内環境データの解釈を可能とする点が特徴です。われわれは「メタボロゲノミクス(R)」により、最終的には便中情報からその人の健康状態や病気のリスクを評価することが可能になると考えています。また、「メタボロゲノミクス(R)」を駆使することで、個々人で異なる腸内環境をパターン化し、それぞれに適した腸内環境改善ソリューションを提供することが可能になると考えています。基盤となる腸内環境データベース構築のため、設立以来、10社以上の食品・医薬品企業との共同研究を実施し、得られた解析データを基にした新たな腸内環境関連製品の開発や、研究成果の論文化を行っています。
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
MGPack
サービス
当社の知見を活用した臨床試験とメタボロゲノミクス(R)により、経口摂取した物の腸内環境への影響を、科学的根拠に基づき評価。
各社製品がもたらす腸内環境への影響の分子メカニズムの解明と、科学的根拠に基づいた腸内環境を標的とした新たな商品開発。
MGAnalysis
サービス
臨床試験等で取得した臨床情報や腸内環境データの統合解析コンサルティング。当社の解析プラットフォームを用いた高度な情報解析。
各社が持つ腸内環境データの中に含まれる価値情報・新知見を見出し、データの活用方法の提案や、各社での商品開発等に役立てる。
腸内デザイン応援プロジェクト 
その他
真の「腸内デザイン研究開発プラットフォーム」。参画企業向け特別セミナーや臨床試験に向けた研究ディスカッションを推進する。
腸内デザインに関する知識を共有し、各参画企業の強みを生かした協業体制を構築する。








最近の成果・実績
2017年6月に株式会社メタジェンの取締役CMOに消化器内科医師が就任したことで、医療分野での研究を加速させ、医療機関向けのサービスを開始予定です。
また、2019年度を目処に、当社が独自に構築した「メタボロゲノミクス(R)」を活用した個人向け腸内環境評価サービスを展開していく予定です。当該サービスでは、依頼者の腸内環境を評価するのみならず、よりよい腸内環境を構築できるような科学的根拠に基づく食習慣改善提案を行い、依頼者の腸内環境を適切にコントロールすることを目指しています。
Hot news
株式会社メタジェンは、2017年12月に経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されました。「地域未来牽引企業」とは、地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済牽引事業の担い手候補となる、地域の中核企業と認められた企業です。当社の本社/研究所がある山形県鶴岡市は、バイオベンチャーをはじめとしたユニークな企業によって多くのイノベーションが生み出されており、弊社はこの地を拠点として、健康長寿社会の実現に向けて更なる事業展開を行っていきます。
アライアンスの希望
当社では、委受託ではなく、共同研究として全ての事業を実施しています。共同研究で得られたデータは、当社独自の腸内環境データベースへ統合し、独自の腸内デザイン技術の開発に繋げると同時に、共同研究成果の学会発表や論文化など、科学としての実績も共著者としてコミットが可能です。また、真の腸内デザインに向けた研究開発推進プラットフォーム「腸内デザイン応援プロジェクト」を発足し、2018年3月現在、20社以上が参画しています。当社のビジョンに賛同し、当該プロジェクトへの参画、共に研究開発を進める企業を募集しています。
 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。