現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社日本生物製剤
【業種】
医薬品/創薬


最終更新年月日:2017年3月8日
企業情報

代表者氏名:
林 泓錫


設立年月日:
1954年8月27日

資本金:
80 百万円  

従業員数:
175 人

本社住所:
〒156-0063
東京都 渋谷区富ヶ谷1-44-4

電話番号/FAX番号:
03-6804-9643 / 03-3481-6061

URL:
http://jbp.placenta.co.jp

参考資料:

会社概要:
経営理念:「セルフ・サフィシェンシー(自己充足) & セルフ・サフィシェンシー(自己及び地球環境の維持)」
私達JBPは、プラセンタを通じて、「生命」と「環境」の理想的な循環と維持を実現するライフ・スタイルを提案し続けます。

事業内容:
ヒト胎盤製剤「ラエンネック」製造・販売
プラセンタエキス含有医療用医薬品・医薬部外品・健康補助食品・化粧品及びその原体の製造・販売
ヒト胎盤における薬理効果の研究及び新規成分の同定

技術&事業概要
安全・安心への取り組み

JBPプラセンタエキス(ヒト)の安全性確保の流れ

1) ドナースクリーニング
ドナーのウイルス・細菌感染がないこと
ドナーの海外渡航条件
医薬品原料として使用することへのドナーの同意

2) 製造所受入時に実施するスクリーニング
胎盤受入試験
重量・色調・臭い等の検査を項目毎に一個一個選別

HBV-DNA, HCV-RNA, HIV-1-RNAの核酸増幅検査(NAT)を全数実施
溶血検体を用いた各ウイルスの試験法のバリデーションを実施

3) 3種類の異なる方法による滅菌工程
有機溶媒(アセトン)
消化酵素+酸処理
最終滅菌として、121℃・20分間、高圧蒸気滅菌を実施。
様々な異なる種類・性質のウイルス株を本剤に添加し、滅菌条件のバリデーション(スパイク試験)を実施

4) 製品規格試験
HBV / HCV / HIV / HTLV / パルボウイルスB19の5種類のウイルスについて、陰性を確認した後、製品として出荷
製品のウイルス試験に当たっては、バリデーション実施済
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
ラエンネック注(注射剤)
申請
効能 「慢性肝疾患における肝機能の改善」 韓国、ロシア、アゼルバイジャン、ジョージア、モンゴルにて許可取得済
各国での許可取得、販売開始



各国での許可取得、販売開始



各国での許可取得、販売開始








最近の成果・実績
ラエンネック:韓国、ロシア、アゼルバイジャン、ジョージア、モンゴルにて許可取得済、販売を開始している


Hot news

アライアンスの希望
承認国以外の海外各国にて許可申請、販売を行うパートナーを募集中。
 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。