現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社サイトパスファインダー
【業種】
機械/製造
創薬支援/受託サービス
医薬品/創薬
最終更新年月日:2013年8月27日
企業情報

代表者氏名:
代表取締役社長 山本柳二


設立年月日:
2004年12月20日

資本金:
10 百万円  

従業員数:
9 人

本社住所:
〒102-0076
東京都 千代田区五番町5-1 JS市ヶ谷ビル6F

電話番号/FAX番号:
03-5530-8086 / 03-5530-8087

URL:
http://www.cytopathfinder.com/

参考資料:

会社概要:
国内外の企業・研究機関における創薬研究支援のために、独立行政法人産業技術総合研究所の遺伝子導入技術(固相系トランスフェクション技術)の技術移転を受けて設立。
その後、自社開発技術によりトランスフェクションの事業化を進める中、2009年6月に英国製薬大手のグラクソスミスクラインのスピンアウトベンチャーで薬理ゲノム学(ファーマコゲノミクス、PGx)に強みを持つピージーアイエス社を吸収合併、PGXIS, Ltd.(英国)を100%子会社とし、創薬の探索研究から臨床開発まで幅広いプロセスに対応できる事業基盤を整えるとともに、自ら候補化合物(特許5件)を入手し、難病疾患領域での貢献を企図している。

技術&事業概要
サイトパスファインダーと英国子会社PGXISは、創薬R&D活動を強化する世界最先端のゲノム機能解析技術を提供しています
1. トランスフェクション事業
独自の導入促進剤(特許審査中)により開発された革新的な固相系トランスフェクションツールを製造、販売。
1) 細胞を播種するだけ。操作が簡便
2) 導入効率、再現性が非常に高いので、正常細胞、初代細胞、浮遊系細胞等、従来法では困難な細胞にもトランスフェクションが可能
3) ミニチュア化により希少細胞への網羅的解析が可能
2. PGx事業(英国子会社PGXIS社によるコンサルテーション、遺伝統計解析の受託
3. 創薬候補化合物探索事業(創薬候補化合物の探索および導出、特許出願5件審査中)

主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
固相トランスフェクションプレート:@条件最適化プレート(ヒト・マウス・ラット)、Aカスタムプレート、BHTS用プレート
その他
siRNA, miRNAのトランスフェクションをワンステップで行うためのプレート(96ウェル〜1536ウェル)の作製
性能面、簡便さで既存技術を遥かに凌駕する固相トランスフェクション法の周知を図り、遺伝子機能解析、HTSへの応用等の普及を目指す。
PGxコンサルティング、PGx解析受託
サービス
PGx開発の豊富な経験者によるPGxコンサルテーション及び、独自の解析アルゴリズムTaxonomy3(Tax3)を駆使した受託解析
製薬企業及び関連企業と新規創薬ターゲット探索、ドラッグ・リポジショニング等のPGxコンサルティング、Tax3解析受託の契約交渉
創薬候補化合物の製薬企業および関連企業への導出
非臨床試験
導出可能な2つの化合物パイプライン,@PG103:急性膵炎への適用APG092:抗炎症適用の新規CCR2アンタゴニスト
弊社の保有する創薬候補化合物の導出先の探索。








最近の成果・実績
@ 国内では2008年に大手製薬企業へ技術移転(1件)を実施
A 欧米の大学・研究機関との共同研究の実績
B 関東経済産業局平成22年度地域イノベーション創出研究開発事業「ヒトiPS細胞誘導ツールシステムの開発」(管理法人:一般財団法人バイオインダストリー協会)に参画

Hot news

アライアンスの希望
当社では、以下の項目について事業提携し、オープンイノベーションとグローバル展開を希望します。
1.当社の所有する技術の製薬企業及びその関連企業、大学、研究機関.等への技術移転
2.当社技術とシナジー効果の期待できる、独自の優れた技術を有する企業との事業提携
3.大学、研究機関との共同研究による、固相トランスフェクション法の適用可能細胞種数の拡大
4.大学、研究機関との共同研究による創薬シーズの探索
5グローバルな販売ネットワークを持つ事業者様のご支援による海外での事業展開

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。