現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社テンクー
【業種】
医療/診断/医療機器/ヘルスケア
コンサルティング
その他
最終更新年月日:2017年9月15日
企業情報

代表者氏名:
西村邦裕


設立年月日:
2011年4月1日

資本金:
4 百万円  

従業員数:
15 人

本社住所:
〒113-0033
東京都 文京区本郷4-2-5 光山ビル

電話番号/FAX番号:
03-3868-2374 /

URL:
https://xcoo.co.jp/

参考資料:

会社概要:
東京大学大学院情報理工学系研究科での研究員・助教時代に、遺伝子発現やコピー数多型および次世代シークエンシング(NGS)によるゲノムデータ解析や可視化を行い、Natureなどの著名な論文誌等に成果を発表している西村邦裕が、2011年に株式会社テンクーを創業。ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェアChrovis(クロビス)の提供を通じ、ゲノム医療、プレシジョンメディシンの継続的な発展を推進している。日経ビジネス“日本を救う次世代ベンチャー100”に選出されているほか、国内外の様々なアワードのファイナリストに選ばれるなど、注目の東大系ベンチャー企業。

技術&事業概要
・ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェアChrovis(クロビス)を製品として有している。がんのゲノム医療の情報解析・知識データベース・レポート作成などの面をサポートするサービスを実施している。現在、東京大学のゲノム医療研究プロジェクトに協力をしている。
・Chrovisでは、臨床検査基準相当の信頼性を保ち、次世代シークエンシング(NGS)による個人のゲノム情報をすべて自動的に解析し、膨大な文献情報を基にした知識データベースを用いて、患者ごとに個別化された診断・治療に直結するレポートを提供することを目的として開発しています。 https://chrov.is/
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
Chrovis
サービス
ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェア。次世代シークエンサのデータを解析・意味付け・レポーティングができる。
ゲノム医療の社会実装に合わせ、Chrovisで貢献を行う。
















最近の成果・実績
ゲノム解析によって得られるがん患者の遺伝子変異から、患者の最適な治療法、および薬剤の選択・判定に役立てる研究において、テンクーは、ゲノム医療における情報解析のためのソフトウェアChrovis(クロビス)を用いることも含めて、インフォマティクス面で東京大学ゲノム医療研究プロジェクトに協力しています。
Hot news
日本経済新聞 2017年6月21日夕刊 ぱーそん「ゲノム医療 科学者が支える」の記事において、弊社の坂田理美が写真入りで紹介されたとともに、東京大学のがん関連の遺伝子変異と症状などの独自の「知識データベース」を作るプロジェクトにテンクーが参加している旨が掲載されました。
アライアンスの希望
クリニカルシークエンス、知識データベース、自然言語処理、可視化などの仕組みの開発、運営など、弊社の技術・経験が活かせる部分での協業を希望しております。
 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。