現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社キュラディムファーマ
【業種】
医薬品/創薬


最終更新年月日:2018年8月28日
企業情報

代表者氏名:
内ケ崎 哲


設立年月日:
2016年6月29日

資本金:
 百万円  

従業員数:
5 人

本社住所:
〒100-0004
東京都 千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3階

電話番号/FAX番号:
03-4243-8654 /

URL:
http://curadim.co.jp/

参考資料:

会社概要:
当社は、「日本に眠る創薬シーズの発掘」「難治性疾患の新薬開発」をミッションとするパイプライン型創薬ベンチャーです。
日本に眠っている有望な創薬シーズを発掘し、非臨床試験から早期臨床開発までを専門的に行うことで、日本発の画期的新薬を世界の患者様に提供し、アンメット・メディカル・ニーズの高い難治性疾患の治療に貢献することを目指しています。

技術&事業概要
当社は、非臨床試験から早期臨床開発までを専門的に行う早期開発専門会社というビジネスモデルを通じて、日本に眠っている有望な創薬シーズの発掘すること、国内創薬の流れを補完することを目指しています。
@日本の製薬企業・バイオベンチャー・アカデミアから、主に免疫領域におけるアンメット・メディカル・ニーズの高い難治性疾患を対象に、良質でありながらも開発が進んでいない創薬シーズを選別して導入する。
A経験豊富かつ専門性の高い人材により、創薬シーズの価値を最大化する研究・開発戦略を策定・実践する。
Bスピードとコストを意識した経営により早期にPOCを取得し、国内外の製薬企業へ導出する。

主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
CP1050 (S1P受容体調節薬)
フェーズ1
適応疾患:多発性硬化症などの自己免疫疾患、作用機序:S1P受容体調節薬
フェーズ1試験完了
CP2090 (LPA1選択的アンタゴニスト)
非臨床試験
適応疾患:特発性肺線維症・非アルコール性脂肪肝炎などの線維症、作用機序:LPA1選択的アンタゴニスト
GLP試験完了












最近の成果・実績
CP1050:フェーズ1試験開始(英国)
CP2090:ライセンス契約締結(導入)
Hot news

アライアンスの希望
当社は、保有するパイプラインの臨床開発を通じて(原則として)POCを取得し、国内外の製薬企業へ導出するビジネスモデルです。当社のパイプラインに関心がございましたら、是非ご連絡を頂ければ幸甚です。
また、当社は、新たな創薬シーズの導入にも力を入れております。アンメット・メディカル・ニーズの高い難治性疾患(主に免疫領域)に対する有望な創薬シーズにつきましても、情報をご提供頂ければ幸甚です。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。