現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


テクノガード株式会社
【業種】
医薬品/創薬
農林水産/畜産

最終更新年月日:2012年8月15日
企業情報

代表者氏名:
鍋田 喜一郎


設立年月日:
1988年1月8日

資本金:
10 百万円  

従業員数:
5 人

本社住所:
〒2110006
神奈川県 川崎市中原区丸子通1−653−7−205

電話番号/FAX番号:
044-435-6273 / 044-435-6273

URL:
http://www.technogrd.co.jp/

参考資料:

会社概要:
テクノガード株式会社はナノエマルジョン技術を出発に製剤へのナノ化技術の応用研究を進めてきました。その結果現在は6種のナノ化技術を確立し、これらを用いて現在までに注射剤、点眼剤、経口剤、坐剤、外用剤などの開発を行ってきました。このナノ化技術を利用することにより、難溶性薬物の吸収性向上、DDS(Drug Delivery System)機能の付与、ADMEの変化などが期待されます。そしてナノ加工原薬(ナノ化した薬物)は、@そのまま商品としても、A自社で製剤化することも、B当社で製剤化することも可能です。これにより医薬品メーカー、現場の看護師、医師の皆様により有益な製剤を提供でき、その結果、患者様のQOLを少しでも改善できる事を目指して日夜研究開発に努めています。

技術&事業概要
ナノ化技術は、@ナノエマルジョン(乳剤)、Aナノソリューション(水性剤)、Bナノパウダー(粉末)、Cナノ非水液(粘性液)、Dナノ半固体、Eナノコンプレックス(粉末)からなり、各種薬物に応用可能です。使用する添加物は必要に応じて、 JP、USP、EPに対応し、常に既存添加物を投与経路の許容量範囲内でナノ化する事を目指しています。更に開発した製剤を必要に応じて基礎製剤実験のみではなく、簡易安定性試験、小動物から大動物試験まで行い、その製剤特性を確認することができます。また新薬など貴重な薬物は数百mgでナノ化製剤の可能性を追求し、そのナノ化製剤を作製することが可能です。現在、抗癌剤をはじめ各種薬物の製剤化を進めております。
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
ナノ加工原薬  ナノ化製剤
サービス
ナノ化加工原薬又はその製剤を医薬品メーカー、商社などに製造販売する。
あらゆる原薬に対応できるナノ化技術を確立する。
















最近の成果・実績
新しいナノ化技術を発展させて、これまでに6種類の技術を確立して参りました。
現在新規物質、NSAIDs、抗癌剤、循環器薬など各種ナノ化製剤の開発を行っており、中には国内外で製造する計画も進行中です。
また顧客も国内はもとより、米国、韓国、インドからご要望を頂いております。
更に近年、神奈川県、川崎市、神奈川県産業技術センターにより、当社の基礎研究・開発研究への支援も行われており、基礎と開発の両技術の発展を目指しています。特に特許出願は海外および国内ともに行い、既に米国では特許権が成立しております。

Hot news

アライアンスの希望
状況により対処致します。
 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。