現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社Rhelixa
【業種】
農林水産/畜産
創薬支援/受託サービス
化成品/化粧品/繊維
最終更新年月日:2018年2月7日
企業情報

代表者氏名:
仲木竜


設立年月日:
2015年2月16日

資本金:
25 百万円  

従業員数:
20 人

本社住所:
〒1010032
東京都 千代田区岩本町3丁目7−4 政弥ビル3F

電話番号/FAX番号:
03-6240-9330 / 03-6240-9331

URL:
http://rhelixa.com

参考資料:

会社概要:
生まれた時に決まっている遺伝的情報そのものを「ゲノム」と呼ぶことに対して、時間・環境依存的な後天的な分子レベルの影響を「エピゲノム」と呼びます。癌をはじめとする多くの病気は、喫煙や飲酒、食生活の乱れといったエピゲノムの異常が蓄積することにより発症するといわれています。また、エピゲノムはゲノムと同様に地球上のあらゆる生物が持つ分子機構であり、ヒトに限らず動植物や微生物においても重要な意味を持っています。
 Rhelixaはコアコンピタンスであるエピゲノム解析技術を応用し、ソフトウェアや検査技術の開発、それぞれの目的に応じた研究開発のサポートを行っています。
効率的かつ効果的なエピゲノム解析を実現する上で、網羅的な大規模遺伝情報の取得が必要になります。その際、最先端のゲノム配列決定装置である次世代シーケンサーが欠かせません。Rhelixaでは次世代シーケンサーを使用するための専門のラボ、人材、ノウハウが揃っており、ヒトや動物(主にペット)のヘルスケアにおいては遺伝的な体質から病気の進行具合まで、農林水産業においては土壌や水、生産物の発育の管理や最適化、それらを実現するための様々な検査を確立してきました。

技術&事業概要
Rhelixaには以下の4つの強みがあります。
・エピゲノム研究開発のデザイン、実験、解析、論文/製品化までを一気通貫でサポート
・蓄積されたエピゲノムデータベース
・機械学習アルゴリズムを用いたエピゲノム情報のクラウド解析プラットフォーム
・ゲノム・エピゲノム情報の高圧縮アルゴリズム

優位性【基礎研究・研究開発サポート】
次世代シーケンサーを用いた研究開発を、デザインから始まり、実験から解析、最終アウトプットである論文や製品化までをハンズオンでサポートします。製品化の対象は、主に特定の状態を判断するためのゲノム・エピゲノム検査です。検査の開発においては、次世代シーケンサーを用いて網羅解析を行い特定の状態に変化・維持させている因子を絞込み、最終的にはそれらを勘弁に検出する方法を確立します。対象の因子を絞り込むことによって、開発された検査はユーザーフレンドリーな価格や手間で提供可能になります。
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
エピゲノム研究開発のハンズオンサポート
サービス
エピゲノム研究開発のデザイン、実験、解析、論文/製品化までをハンズオンでサポートします。
全国規模でサービスを展開
エピゲノム解析プラットフォームPEAKS
上市・販売
誰もがどこからでも簡単にエピゲノム研究開発を可能にするクラウドプラットフォームを提供します。
国内に限らず海外にも展開
環境・食品・糞便サンプル中の微生物叢系統解析
サービス
独自の微生物叢系統解析に基づき、特定の状態を規定するターゲット微生物を絞り込みます。
あらゆる試料で検査を実現
ペット遺伝子検査
サービス
イヌ・ネコに特化した遺伝子検査を提供します。
2018年中に3つ検査をローンチ
ゲノム・エピゲノムデータ圧縮アルゴリズムの開発
申請
次世代シーケンサーより得られたゲノム・エピゲノム情報を高効率に圧縮します。
特許取得
最近の成果・実績
実績
・2017年12月 イルミナ社クラウドシステム「BaseSpace Sequence Hub」上で独自アプリケーション「PEAKS.motif」のテスト稼働を開始
・2017年10月 経済産業省主催「飛躍Next Enterprise」に採択
・2017年3月 「第6回・超異分野学会本大会」にてリアルテック・オブ・ザ・イヤー2017を受賞
・2016-2017年度で36件のNGS研究プロジェクトをサポートし、3件が国際ジャーナルにて論文化

Hot news
・2016年9月に弊社オフィスに研究施設が完成。
・エピゲノム解析ツール[PEAKS]のシステム完成。
・Innovation Leaders Summit 2016/2017においてTop Startup 100に選出されました
・2017年度 経済産業省[飛躍]プログラムに採択されました
・ゲノムデータ圧縮アルゴリズムの特許出願中
アライアンスの希望
・医療関連ー創薬会社、検査会社など
・農業関連ー種苗会社、飼料会社、肥料会社、養殖関連会社など
・美容関連ー化粧品会社など
・大学など
(+食品会社や環境検査会社、クラウドコンピューティング会社)
*受託研究や共同研究など柔軟な形でプロジェクトをサポートします。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。