現在この企業情報は公開されていません。


一覧表に戻る
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。


株式会社Rhelixa
【業種】
農林水産/畜産
創薬支援/受託サービス
化成品/化粧品/繊維
最終更新年月日:2016年9月19日
企業情報

代表者氏名:
仲木竜


設立年月日:
2015年2月16日

資本金:
3 百万円  

従業員数:
10 人

本社住所:
〒1010032
東京都 千代田区岩本町3丁目7−4 政弥ビル3F

電話番号/FAX番号:
03-6240-9330 / 03-6240-9331

URL:
http://rhelixa.com

参考資料:
株式会社Rhelixa会社概要.pdf [ 2.3MiB ]

会社概要:
地球上のあらゆる生命は、生体の設計図“ゲノム”を持っています。現在、ヒトの医療分野においては、ゲノム情報に基づく個別化医療が発展しつつあるものの、それ以外の分野における応用は不十分です。
代表者の仲木は、東京大学先端科学技術研究センター・ゲノムサイエンス分野において、後天的なゲノム活性変化による癌や糖尿病の発症メカニズムの解明に向けた研究を行っていました。弊社は、生命情報の解析を専門とするメンバーで構成されており、医療だけでなく、農業や環境、動物のヘルスケアなど様々な分野での問題解決にゲノム解析を応用します。
分子レベルでの解析は、これまで、多額の費用や解析の難しさもあり手が出せない分野となっていましたが、我々が持つ独自計算アルゴリズムによる網羅ゲノム解析を用い、ゲノムレベルで生命の状態を判断する検査技術を提供し、生命情報を用いた新たな「モノづくり」に貢献したいと考えています。

技術&事業概要
技術/サービス
1. 受託解析
疾患ゲノム解析:エクソーム解析による疾患リスク変異の特定
エピゲノム解析:ChIP-seq, mRNA-seq等のエピゲノムデータの統合解析
メタゲノム解析:16S rRNA解析による土壌・水中の細菌叢の特定
2. ソフトウェア開発
クラウド解析システム:Web上で簡単にゲノム・エピゲノム解析が可能
3. 共同研究
ヘルスケア:「致命性はないが、精神身体的に大きな負担となる症状」の解決
動物のヘルスケア:物言わぬパートナーの健康を見守る検査製品の開発
植物・微生物:ゲノム科学を応用した新たな育種法の開発

提携先
東京大学先端科学技術研究センター

サービスの優位性[微生物検査による個別化ソリューションの場合]
網羅的にDNA抽出を出来る独自の技術ノウハウがあり、様々なサンプルに対して完全に未処理な状態から解析を行うことが可能です。また、民間企業としては日本で初めてMiniSeqという次世代シーケンサーを導入し、通常の期間に比べ1/10に短縮することが出来ました。更に、弊社独自の微生物叢の網羅解析アルゴリズムを用い、ターゲット微生物を自動的に予測することが可能です。
主な製品&サービス
主な製品&サービス名
ステージ
概要
直近の目標
環境・肌・腸内のターゲット微生物検査による個別化ソリューション
サービス
独自の網羅微生物叢解析から絞り込んだターゲット微生物を調べ、結果に合わせ各状態を最適化するソリューションを提供します。
微生物検査事業で売上3,000万円
エピゲノム解析ツール[PEAKS]
申請
ディープラーニングを応用し、疾患関連遺伝子に存在する制御因子とそのエピゲノム活性を予測し、疾患リスクマーカー予測します。
特許の取得
エピゲノム解析を用いた分子レベルのトータル育毛ケア
サービス
後天性の遺伝情報変化であるエピゲノムを読み解き、薄毛タイプ、リスクを明らかにし、理想の頭皮のための個別育毛トータルケアを行う
ヘアケア事業で売上1,000万円








最近の成果・実績
・第二回バイオサイエンスグランプリにてユーグレナ賞を獲得
・東京都 バイオサイエンス系ベンチャー等スタートアップ支援事業補助金に採択
・NPO法人 MAKERS UNIVERSITYパートナー企業に参画
・国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構・スタートアップイノベーター事業助成金に採択


Hot news
・2016年9月に弊社オフィスに研究施設が完成。
・エピゲノム解析ツール[PEAKS]の特許出願中。
アライアンスの希望
・医療関連ー創薬会社など
・農業関連ー種苗会社、飼料会社、肥料会社、養殖関連会社など
・美容関連ー化粧品会社など
・大学など

*受託解析、共同研究、解析サービス提供など、フレキシブルに行います。

 
このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。